日本製CBDブランドCHILLSALI(チルサリー)のCBDグミのレビュー|手軽にCBDが摂れます

レビュー

(((約 4 分で読める記事です)))

今回は、「もっと手軽にCBDを摂ってほしい、より美しくポジティブに毎日を心地よく過ごしてほしい」という思いから誕生した日本製CBD製品のウェルネスブランド「CHILLSALI(チルサリー)」のCBDグミ(ソーダ味)をPR用に提供いただきましたのでレビューしますね。

CBDとは

CBDというのは、「Cannabidiol(カンナビジオール)」の略称で、麻の茎や種子から抽出されるカンナビノイドという成分の1つです。日々のストレスや疲労に、という成分です。一息つく時間を有効に過ごせたらいいですよね。CBDを使った製品で食用の「CBDオイル」という形で製品が出てきているのを見かけることも多くなりました。

CBDは麻から抽出される成分ですが日本国内で違法なものではなく、同じように麻から抽出される、多幸感を覚えるなどの向精神薬「THC(テトラヒドロカンナビノール)」とは別物です。もしTHCが入っていたら違法になりますが、チルサリーではTHCを取り除いた原液から製品を作っているということですので、当然ながら違法なものではありません。

それでは食べてみます

チルサリーのCBDグミは公式サイトから注文できます。

チルサリーではCBDグミのほか、CBDスキンケア製品(化粧水・乳液・バーム)、CBDオイルのラインナップもあります。

さて、チルサリーのCBDグミです。白を基調としたシンプルなパッケージのデザインです。

裏面の表示を見ます。

原材料名には「麻抽出物」も見て取れます。また、ノンシュガー(砂糖不使用)とのことで、甘味料の「キシリトール」の表示も見れます。味はソーダ味です。

パッケージを開封して中身を出します。ちょっと透明感のある黄緑色で1センチくらいのサイコロのような形のグミです。個包装になっていていいですね。

個包装から出したところです。これをこのまま食べるだけでCBDが摂れます。

1個当たり25mgのCBDが摂れるということなので、これはけっこう摂れているという量になります。

食べてみると、噛み応えのあるハードグミで小さな1個でも食べ応えのあるものになっていました。すっきりとしたソーダ味がして甘すぎない甘さがあって、そして、食べ終えるころに苦みを感じるものになっていました。どうやらこれが麻特有の苦みらしいです。この苦みを隠す味にしないで仕上げられているのが分かり、CBDを食べているという感覚を認識できるようになっていると思います。強烈なつらい苦みではなくて、食品として楽しめる程度のほろ苦みです。大人な味と思います。

1個当たり25mgのCBDが摂れるというのは、1個で1日にじゅうぶんなCBD量なのだそうです。それが、この小さくて大人のほろ苦さがあるおいしいハードグミをほんの1個食べるだけで摂れます。

とても簡単と思います。

そして、チルサリーのブランドが立ち上げられた時の思いの「ポジティブに毎日を心地よく過ごしてほしい」というとおりに毎日を過ごせていけたらいいですね。