BBクリームとCCクリームのどちらを使うべきか

BBクリーム

(((約 8 分で読める記事です)))

BBクリームとCCクリーム

時短メイクのためのコスメを買いに店頭へ行くと目立つところにたくさんのBBクリームが並んでいますよね。

で、

「BBクリームはベースメイクのオールインワン商品なので、とりあえずBBクリームを買っておけばかなり安心。」

もしそう思ったならそれはそれほど間違ってはいないと思います。BBクリームはいくつもの役割を持っていて、ベースメイクをBBクリームだけで終わらせてしまうことができます。

また、BBクリームほどではありませんが、CCクリームも店頭のわりといい位置に並んでいます。

CCクリームもベースメイクのオールインワンの商品です。

しかしBBクリームとCCクリームのどちらを使うべきか分からないということはないでしょうか。

BBクリームとCCクリームは実はかなり異なる商品です。

BBが向いていない人、CCが向いていない人がいます。

もしかして向いていないものをそれとは知らずに使い続けて、もったいないことになってはいないでしょうか。

もしそうなら、BBをCCに、またはCCをBBに変えるだけであなたはもっとキレイになれます。

では、あなたはBBとCCどちらを使うべきなのでしょうか。

今回はBBクリーム、CCクリームの特徴を確認したうえで、BBとCCのどちらを使うべきか説明します。

BBクリームとCCクリームの特徴

BBもCCも前述のようにベースメイクのオールインワン商品で、美容液、保湿液、化粧下地、ファンデーションといった役割を持っています。商品によってはコンシーラー、UVケアの効果を持つものもあります。

ですので、商品によってUV効果などさまざまな成分が入っているのでいちがいには言えませんが、基本的に、

BBクリーム(またはCCクリーム) ≒ 化粧下地 + ファンデーション

ということが言えるものなので、ベースメイクはBBかCCを塗るだけで終わらせることができます。

これはBB、CC共通です。

しかしBBとCCはかなり異なる特徴を持っていて、

  • BBはカバー力があり、隠したいところをしっかり隠すことができる。
  • CCは肌の色を調整、補正することで欠点をカモフラージュすることができる。

という商品です。

BBはクリーミーにできていてカバー力があるので、隠したいところをしっかりカバーして隠すことができます。

これに対してCCは軽めのテクスチャー(表面の材質の感覚)でできていて、ややサラサラした感じがします。カバー力はBBほど持っていないため、BBを使っている人には物足りなく感じるでしょう。

CCはBBのようにカバー力で欠点を隠すのではなく、自然な感じに肌を綺麗に見せるような形で肌の色を調整、補正することで欠点をカモフラージュしてくれるものです。BBに比べると透明感があり、ナチュラルな仕上がりになります。

BBクリームが向いていない人、CCクリームが向いていない人

「向いていない人」を挙げたほうが分かりやすいので、ここではBBまたはCCが向いていない人を挙げます。

BBクリームが向いていない人

  • とりたててお肌のトラブルがない人

CCクリームが向いていない人

  • はっきりとしたしみなど、お肌の色を補正するだけでは隠せない肌トラブルがある人

とりたててお肌のトラブルがなくて、色つやがよく、なめらかで、きれいな色のお肌の人の場合、BBクリームが向いていない人と言えます。

生まれ持って恵まれたきれいなお肌をカバー力のあるBBで隠してしまうのはとてももったいないことですので、きれいなお肌を持っている人はナチュラルなベースメイクとすることでよりきれいになれるはずです。

このような人はBBを使うとしても薄付けする程度にとどめておくべきですが、そもそもBBはカバーしてしまうことが目的なので本来使うべきではないと思います。このような人にはやはりCCをオススメします。

いっぽう、お肌の色を補正するだけでは隠せない肌トラブルがあるという場合にはCCは向いていません。

このような場合にはCCを塗っても肌トラブルの部分がしっかりと見えてしまうため、CCでは隠せない部分を持っている場合にはBBのカバー力に期待し、BBを使うべきでしょう。

ただしCCクリームは少し難しい

BBはカバー力があるので、顔全体に塗ることでその商品の色で顔全体がカバーされます。

しかしCCはBBほどのカバー力がなく、肌の色を調整、補正することで欠点をカモフラージュするというものなので、自分の顔の色にしっかり合った商品を使わないと効果を十分に発揮できません。

つまり、CCはBBに比べて、しっかりと自分に合ったものを探さなくてはならないわけです。

CCはこのあたりがBBに比べて少し難しいところです。

それで、BBクリームとCCクリームのどちらを使うべきなの?

「向いていない人」について説明しましたが、これを逆に「向いている人」に言い換えて、どのような人がBB、CCのどちらを使うべきか整理しましょう。

BBクリームを使うべき人

  • とりたててお肌のトラブルをちょっと隠したい人⇒BBでしっかりカバーする

CCクリームを使うべき人

  • お肌にとりたててトラブルがない人⇒CCでお肌の色の調整、補正にとどめてややナチュラルなメイクに仕上げる

このように整理できると思います。ですので、

たとえば10代でお肌がきれいな人ならCCがオススメということになりますし、少しお肌に気になるところがあるという人にはBBがオススメです。

なお、CCはBBに比べてしっかりと自分に合ったものを探さなくてはならないので、BBに比べて商品を選ぶのが少々難しいです。

BBではなくCCにしたはいいけれども、自分に合っていないCC商品を使い続けてしまった。というのもこれもまたもったいないことです。

自分に合ったCCが見つかれば商品としてはとてもいいものなのですが、自分に合ったCCを見つけるのが少し難しい。これはCCの性質上やむをえない宿命です。

ただ、そうは言ってもCCは少し面倒で、いろいろ試すにはお金もかかります。

このあたりがCCに比べBBが人気な理由かもしれません。

また、BBはマットな仕上がりになって「塗った感」があるので、職場などに行く場合「ちゃんとお化粧してきました」という感じを表現できるということもあります。

ですので、CCのこのような事情もあって、とりあえずBBとCCどちらを使うべきですか?というふうに聞かれたときは、とてもお肌がきれいという人でなければ「とりあえずBB」と私は答えています。

では、どのBBクリームを使うべきなの?

「自分はとてもお肌がきれいという自信があるわけではないです。」という方も多いと思います。

そのような場合にはBBをおすすめしていますが、

ではどのBBクリームを使うべきなのか???

次ではBBクリームの選び方について説明します。