化粧下地とは?必要なの?化粧下地を塗る特に重要な4つの意味

(((約 3 分で読める記事です)))

化粧下地を使っていますか?

メイクをするときに化粧下地を使っていますか?

メイクの基本的な流れは

化粧下地 → ファンデーション → コンシーラー→フェイスパウダー

ですが、そもそも化粧下地が必要なものなのかどうか知らなかったり、ファンデーションとの違いが分からなくて、結局化粧下地を使わずにお肌に直接ファンデーションをつけているということはありませんか?

実はこれとても問題があるんです。
なぜ問題なのでしょうか?

今回の記事ではこのあたりを説明します。

今回の記事は特に重要ですので、ぜひよく読んで知っておいていただきたい内容です。

化粧下地を使っていない人の割合

化粧下地を使っていない人がまわりにいませんか?私のまわりにも結構いるんです。

実際、どのくらいの割合の人が化粧下地を使っていないのでしょうか。

とある調査によると、2割ほどの人が使っていないそうですが、私のまわりの人にきいたところ3割以上の人が使っていませんでした。
はっきりとは言えませんが、調査に協力した人はお化粧に一定の興味を持っている人で、化粧下地のことも良くご存知だったのかもしれません。

で、まわりの人が化粧下地を使っていないから、お肌に直接ファンデーションを塗るのはあんまり問題がなさそうと思ってしまっているということはないでしょうか。

化粧下地を塗る特に重要な4つの意味

化粧下地を塗るのにはいくつもの意味があります。

お肌のくすみ・そばかすを目立たなくさせることやファンデーションの乗りをよくすること、さらに日焼け止めなどがよく知られていますよね。

ですが、なかでも特に重要な意味は4つです。

そして、これらのすべてを理解し日頃から意識している人は少ないのではないでしょうか。

化粧下地は実はお肌の健康を深く左右しますし、メイク全体への影響が大きいです。
化粧下地はお化粧の要とも言えるかもしれません。

この記事を読んでいけばきっと理解が深まると思いますが、そのようなわけで、この記事は特に重要ですのでよく読んで知っておいてください。

さて、化粧下地を塗る特に重要な4つの意味は以下のものです。

1 ファンデーションの色素がお肌に移ってしまわないよう守る
2 メイク落としをしやすくする(乾燥肌・お肌の老化防止に重要)
3 お肌の色合いを整え顔色を美しくする
4 ファンデーションの乗りをよくしてメイクを安定させる

1と2はファンデーションのお肌への悪影響を軽減してお肌の健康を守ることに関係する内容です。
3と4はメイクの仕上りに影響する内容です。

化粧下地の例

次からは、これらの4つの意味をひとつひとつ説明します。