ドモホルンリンクルを安く買う方法、成分の似た化粧品を探してみた。

(((約 36 分で読める記事です)))

いきなりまとめ

お急ぎ結論がわかるようにいきなりまとめです(笑)

【この記事のまとめ】

ドモホルンリンクルは全8点の中でも大切な基本の4点だけ使用でも1か月あたり税込17,434円かかります。
そこでドモホルンリンクルを安く買う方法を調べたのですがありませんでした。(定価が最安)

 

それではと、ドモホルンリンクル基本の4点の代わりにできる成分の似た化粧品を探したところ、

をドモホルンリンクル基本の4点の代わりに使うことで、

  • 成分の一致率が27%で使うことができて、
  • 価格を約10分の1に抑えること(1か月あたり15,436円の節約)ができることがわかりました。

これによって年間にすると約18万5千円の節約になり、一気に節約できてたいへんオススメです。

※節約した分でハワイ旅行にも行けますよね!(笑)

 

メディプラスゲル

私がメディプラスゲルを使っている写真

 

 

このあとは詳細の記事です。

成分の比較をバージョンアップしました!

成分の似た化粧品を探すにあたって、以前よりずっと詳しい調査をしてこの記事は相当バージョンアップしています!

 

2017年3月に当初公開した記事では、ドモホルンリンクルの代表格として「クリーム20」だけの成分での比較をしていました。

ですがドモホルンリンクルは全8点ある化粧品です。

全8点あるうちの「クリーム20」1点だけでの比較では不足なのではないかとずっと思っていました。

しかし、このたび一念発起してドモホルンリンクルの「中でも大切」とメーカーの再春館製薬所自身も言っている「基本の4点」の全成分での比較をしましたので、相当自信をもってオススメできる比較となりました。

ドモホルンリンクルの基本の4点

  • 保湿液
  • 美活肌エキス
  • クリーム20
  • 保護乳液
ドモホルンリンクルのパフレットにも基本4点が「中でも大切」と書かれていますね。

 

で、これら「基本の4点」の全成分だけでも約100の項目があってとても大変な作業になりました(笑)

ですがその分、大変オススメできる比較になりました。

※なお、「ドモホルンリンクルを安く買う方法」について調べた部分は当初公開の記事にありますので、興味がありましたらご覧ください。(この記事の最後の「参考資料」にあります。定価が「最安」で、安く買う方法はありませんでした。)

 

それではご覧ください。

「基本の4点」全部の全成分で比較しました。(メディプラスゲル)

ドモホルンリンクル基本4点全部の全成分を並べて、重複して配合されているものを1成分として表を作りました。

そしてメディプラスゲルに含まれている成分に「〇」をつけてみました。

(ちなみに「メディプラスゲル」との比較としているのは、2017年3月に公表しました当初の記事で複数の化粧品間で成分を比較してメディプラスゲルが選ばれたからです。詳細は記事の最後の「参考資料」のところに掲載しました当初記事をご覧ください。)

 

その結果、

メディプラスゲルとの成分の一致率は27%でした。

ドモホルンリンクル基本4点全部の全成分とメディプラスゲルの成分の一致率

※ドモホルンリンクル基本4点全部の全成分を列記し、重複するものを1成分とし、「水」など効果に直接関連のない成分をはぶいてある。

 

成分の一致率を上げられないでしょうか。

メディプラスゲルに他の化粧品をもう一品を加えて一緒に使うことで一致率を上げられないでしょうか。

 

「基本の4点」全部の全成分で比較しました。(メディプラスゲル+化粧品もう一品)

メディプラスゲルに他の化粧品をもう一品を加えて一緒に使うことで一致率を上げられないかと、ドモホルンリンクルのように和漢の成分を配合しているものや自然派の化粧品を複数ピックアップして比較してみました。

 

  • メディプラスゲル + 化粧品もう一品

で一致率を上げるというわけです。

 

ピックアップした化粧品は、

  • 自然派化粧品「HANAオーガニック」の乳液
  • 「オラクル」のクリーム
  • 「琉白」(るはく)の月桃デイモイストクリーム(クリーム)
  • 「ブルークレール」のローズクリームリペアコンセントレート(クリーム)
  • 「雪肌精」(せっきせい)のクリームエクセレント(クリーム)

です。

 

いずれも和漢の成分が複数配合されているものですので、メディプラスゲルと組み合わせて使うことで一致率を上げてくれるものと期待して調べていきました。

 

まずは価格です。メディプラスゲルと一緒に使った時の1か月あたりの価格を調べて比較しました。

 

1か月あたりの価格の比較

※価格にはメディプラスゲルの1か月分の価格を含む。

 

表で分かりますとおり、ブルークレールは高額になります。

ですので、このあとはブルークレール以外の化粧品で深掘りしてみます。

 

  • メディプラスゲル + 化粧品もう一品

としたときの成分の一致率を調べました。

 

ドモホルンリンクル基本4点全部の全成分のうち、メディプラスゲルには配合されていない成分を抽出し、そしてこれと「化粧品もう一品」の成分がどのていど一致するかを見てみました。

 

「化粧品もう一品」との成分の一致

1か月あたりの価格も一緒にまとめると以下の表のようになります。

メディプラスゲルと一緒に使い実現する成分の一致率と1か月あたりの価格

※価格にはメディプラスゲルの1か月分の価格を含む。

 

「HANAオーガニック」が最も一致率が高いことがわかりました。

  • メディプラスゲル + HANAオーガニック

で一致率が35%です。

 

しかし35%ですね。

 

さらに一致率を上げられないでしょうか。

しかしドモホルンリンクル以外の化粧品の組み合わせでも35%がせいぜい。。。

 

「基本の4点」全部の全成分で比較しました。(メディプラスゲル+「基本の4点」のどれか1点)

もうこうなったら、ドモホルンリンクル基本4点のうち1点を加えるということも考えてみます。

価格をおさえることが今回のテーマですので、価格をおさえることができれば、ドモホルンリンクルの1点が加わっていてもそれはいいですよね。

  • メディプラスゲル + ドモホルンリンクル「基本の4点」のどれか1点

 

ドモホルンリンクル基本4点それぞれの1か月あたりの価格を計算すると以下の表のようになります。

保湿液と保護乳液の価格が2千円台で、比較的お手ごろになっているといえます。

ドモホルンリンクル基本4点それぞれの1か月あたりの価格

今回は安くしたいというのが大切なテーマですので、価格が高くなってしまっては意味がありません。

ですので、このあとは保湿液と保護乳液にしぼってさらに深掘りして見ていきます。

 

ドモホルンリンクル基本4点全部の全成分のうち、メディプラスゲルには配合されていない成分を抽出し、そしてこれと保湿液の成分がどのていど一致するかを見てみました。

 

それがこの表です。

ドモホルンリンクル「保湿液」との成分の一致

 

保護乳液の成分との一致も見てみました。

この表です。

ドモホルンリンクル「保護乳液」との成分の一致

 

で、ここまで調べてきて、

  • メディプラスゲルとドモホルンリンクル「保湿液」を一緒に使った場合と
  • メディプラスゲルとドモホルンリンクル「保護乳液」を一緒に使った場合

 

の成分の一致率と、1か月あたりの価格を整理するとこのようになります。

メディプラスゲルと一緒に使い実現する成分の一致率と1か月あたりの価格

※価格はメディプラスゲルの1か月あたりの価格を含む

 

表を見てわかりますように、

メディプラスゲルとドモホルンリンクルの「保護乳液」を一緒に使うことで

  • ドモホルンリンクル「基本4点」全部の全成分と成分の一致率が58%になり、
  • さらに1か月あたりの価格が全部で4,312円におさえることができる

ことがわかりました。

 

これはつまり、

  • 成分の一致率58%の高率で使用できて
  • 価格はなんと25%におさえられる。

ということです。

 

節約の効果を金額であわらすと、1か月あたりで13,112円の節約になって、

  • 年間ではなんと157,464円の節約になる

わけです。

 

メディプラスゲルとドモホルンリンクルの「保護乳液」を一緒に使うことで年間で約15万円の節約になるわけです!

さらに節約したい場合、

ドモホルンリンクルは「基本4点」のライン使いのうちの1点ですので、単独だけでの使用で終わらすのはおすすめできません。

ですがメディプラスゲルは「オールインワンゲル」ですので、化粧水・美容液・クリーム(乳液)の役割が一つになったものです。

もともと単独での使用を想定して作られているメディプラスゲルですので、さらなる節約を考えるとすればメディプラスゲルの単独使用を選ぶことになると思います。

 

メディプラスゲルの公式サイト

も見ていただければと思います。

私がメディプラスゲルを使っている写真

 

今回の記事も最後までご覧くださりありがとうございました。

 

 

参考資料

ドモホルンリンクルと成分の似た代わりになる化粧品を探して、当初2017年3月に発表しました記事を参考に載せておきますね。

この時の比較はドモホルンリンクル全8点を代表して「クリーム20」のみでの比較でした。

ドモホルンリンクルは全8点の化粧品ですので、「クリーム20」のみの1点でさらに独自成分だけでの比較に、自分で記事を書いていながら不足を感じていたのですが、その後思い切って「基本の4点」の全成分の比較をして冒頭の記事にバージョンアップしたという経緯があります。

以下、2017年3月24日に公開した当初の記事です。

ドモホルンリンクルを安く買う方法、成分の似た化粧品を探してみた。(当初の2017年3月24日公開記事)

ドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルは再春館製薬所の30年以上の歴史のあるエイジングケア基礎化粧品でいちどは使ってみたい化粧品のひとつではないでしょうか。

ドモホルンリンクルを使っている人が感想を話している風のCMも印象に残りますよね。

 

ただですね。。。

お値段が高いですよね。ラインで8品目全部そろえたら64,800円になります。

  1. 化粧落しジェル 5,400円(約60日分)
  2. 洗顔石鹸 5,400円(約60日分)
  3. 泡の集中パック 12,960円(約45回分)
  4. 保湿液 5,400円(約60日分)
  5. 美活肌エキス(薬用美白) 10,800円(約60日分)
  6. クリーム20 価格14,040円(約60日分)
  7. 保護乳液 5,400円(約70日分)
  8. 光対策 素肌ドレスクリームSPF50+・PA++++ 5,400円(約75日分)

 

「ドモホルンリンクルを使ってみたいけどお値段がね。。。」という声を私もいままで何度もきいていました。

 

そこで今回はドモホルンリンクルを安く買う方法を調べました。

さらにドモホルンリンクルの代わりにできる成分の似た化粧品を探してみました。

 

ドモホルンリンクルといえば「クリーム20」

さて、いまご紹介したドモホルンリンクルのライン8品目を代表するのが「クリーム20」です。

クリーム20はドモホルンリンクル独自の和漢の原料9種すべてを配合していて、もともと漢方の医薬品メーカーである再春館製薬所の化粧品研究の集大成といえるものだからです。

 

ですので今回はクリーム20を安く買う方法を調べました。

 

ちなみにドモホルンリンクル独自の原料は

  1. ピンピネラ(植物)
  2. チューリップ
  3. イレシネ(植物)
  4. 焼酎粕(甘藷発酵エキス)
  5. 野馬追(植物:サワヒヨドリ)
  6. 深紅海藻
  7. 蜂屋柿
  8. 鱧コラーゲン
  9. 長白参(オタネニンジン)

です。

 

安く買う方法は。。。

まずは定価を再春館製薬所の公式サイトで確認します。税込14,040円です。

出展https://www.saishunkan.co.jp

さて、これに対してさまざまな商品の最安値を調べることができるサイト「価格ドットコム」を見てみます。

「再春館製薬所 クリーム20」で検索すると3件ヒットしました。

 

で、一番安いのがAmazonの「再春館製薬所 公式ストア」で見ると定価の14,040円で売っていてこれが最安でした(笑)

けど実際はどうなのでしょうか。安く売っているところはないかとアマゾンで調べました。

クリーム20を検索します。

 

再春館製薬所のショップでしか扱っていなくて、やっぱり定価の14,040円でした。

それではと、他のショッピングサイトも調べてみます。

楽天市場では16,848 円でなんと定価より高かったです。

Yahoo!ショピングはほかのサイトより安いことが多いんですがここでも16,848 円。定価より高いです。

結果、「定価14,040円が最安」ということが分かりました(汗)

安く買う方法はないようです。

 

クリーム20は約2か月分で定価14,040円が最安ですので、クリーム20は最安で1か月あたり7,020円かかることになります。

 

この価格はいかがでしょうか。

1か月あたり7,020円というのは私の感覚では高いかな、と思います。

これですと化粧品にかける費用が生活費に影響しかねないのではと思います。

 

それではクリーム20と成分の似たほかの化粧品を見つけることはできないでしょうか。

 

以前私も探しに探して。。。

SK2に似た成分の化粧品を見つけたことがありました。

【参考記事】SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた

 

このときと同じようにクリーム20の代わりになる成分の似たほかの化粧品はないか探してみました。

 

成分の似たほかの化粧品を探してみました。

SK2がシンプルな処方になっているのに比べてドモホルンリンクルは和漢の成分が数多く配合されていて複雑です。

さらに独自の原料が9種もあるので成分が似た化粧品を探すのはとても大変でした。

 

 

ですがなかにはドモホルンリンクルが「独自の原料」として配合している原料の一部を配合しているものもありました。こういうものはドモホルンリンクルの代わりにできるかもしれません。

 

また、ドモホルンリンクルにはない有効な成分も各化粧品に配合されていますが、今回はドモホルンリンクルの代わりになる化粧品を探していますので比較の項目にはしませんでした。

 

 

しぼりこんで厳選した化粧品は以下の5つです。

  • メディプラスゲル(オールインワンゲル)
  • SEAC(シーク)オールインワンジェル
  • HANAオーガニック ムーンナイトミルク(乳液)
  • L’ORACLE(オラクル)クリーム・ルネッサンス(クリーム)
  • ヴィーナスホワイトニングセラム(薬用美白美容液)

です。

 

この5つの化粧品とドモホルンリンクルのクリーム20の成分を詳細に比較していきます。

 

成分の似た化粧品とクリーム20の成分の比較

では成分を比較した結果を見ていきます。

 

クリーム20にはとてもたくさんの成分が配合されていますのでほかの化粧品とどのくらい一致するかわかりやすいように一覧表にしてみました。

 

比較はお肌に有効な成分のみで行ないます。

 

化粧品にはお肌に有効な成分以外にも必要があって配合している成分があって

  • 化粧品のベースとなる成分:(例)水など
  • 製品の酸化を抑える成分:(例)トコフェルールなど

 

も配合されています。

こういうものはお肌に直接関係ないので比較する成分からはぶきました。

 

 

では比較の一覧表です。

クリーム20に含まれる成分を含む化粧品のらんに〇印をつけました。

見やすく比較しやすい表にするためどの化粧品にも含まれないものは項目をはぶきました。

 

ドモホルンリンクルの独自原料の成分には黄色のマーカーをつけました。

 

注目なのは「メディプラスゲル」には独自原料の成分のうちの2つが配合されていることです。

 

お肌に有効な成分での比較一覧表

クリーム20の成分 メデ SEAC HANA オラ ヴィ
 スクワラン
 BG  〇
イソステアリン酸ヘキシルデシル  〇
 グリセリン  〇
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)  〇
マカデミアナッツ油  〇
水添レシチン
水添パーム核油
ステアリン酸
水溶性コラーゲン    
加水分解コラーゲン
オタネニンジン根エキス      〇  
ダマスクバラ花エキス  〇
シャクヤク根エキス
加水分解エラスチン  〇
水溶性プロテオグリカン  〇
アルガニアスピノサ核油  〇
ステアリン酸グリセリル  〇
ダイズステロール
ローズヒップ油  〇
コメヌカ油脂肪酸フィトステリル
カプリル酸グリセリル
イソステアリルグリセリル  〇
キサンタンガム  〇
水添リゾレシチン  〇  〇
カワラヨモギ花エキス  〇
ニオイテンジクアオイ油
カニナバラ果実油
ラベンダー油

 

比較の結果ですが、ドモホルンリンクルと成分が一致した数は10前後となり各化粧品とも大差のない結果となりました。

 

もともと和漢の原料を含む化粧品を厳選して比較しているので一致した数の大差がなくなったのではとも思います。

 

注目なのはドモホルンリンクルの独自原料9種の成分のうち

  • 水溶性コラーゲン
  • オタネニンジン根エキス

※「オタネニンジン」というのは高麗人参のことです。

については含んでいる化粧品があったことです。

 

なかでもメディプラスゲルは「独自原料の成分」を2つも含んでいることが分かりました。

 

含まれる独自原料の成分の数

メデ SEAC HANA オラ ヴィ
独自原料の内数 2 1 0 1 1

 

今回はドモホルンリンクルの代わりになる化粧品を探していますから、メディプラスゲルがドモホルンリンクルの独自原料の成分を2つも含むことは大きいと思います。

 

なお、ドモホルンリンクルがこの2つの成分を「独自原料」と言っているのは

  • 水溶性コラーゲンは鱧(ハモ)を原料にしている。
  • オタネニンジン根エキスは産地を中国の長白山に限定している。

というメーカーのこだわりの部分のところからです。

 

これに対して今回比較した化粧品の成分はこのこだわりの部分にあてはまるものではないですが全成分の表示は

  • 水溶性コラーゲン
  • オタネニンジン根エキス

であり両者が同じものになっていますので成分を含んでいるとしました。

 

さて、成分の次は価格も比較してみます。

ドモホルンリンクルはラインで8品目全部そろえたら64,800円もの金額になってしまいます。

2か月分入りの製品が多いのですがそれにしても単純計算で1か月あたり32,400円もかかり続けることになります。

 

これから使い続けていくことを考えるとランニングコストは当然チェックするところです。

 

価格の比較をしました。

比較した化粧品には「初回購入時」や「定期購入」に割引をしてくれるものなどがありますが最も安い買い方での価格を比較しました。

 

最も安い買い方で買ったときの価格を調べて一覧表に整理すると以下のようになりました。

1か月分の税込価格で比較しています。

 

見ると、オラクルはクリーム20とあまり価格の差がなく価格面でのメリットはありませんでしたが特にメディプラスゲルとSEACはクリーム20と比較して大変お得になっています。

 

しかもメディプラスゲルとSEACは「オールインワンゲル」なのでこれ一つだけでスキンケアを終了できてほかに化粧品が必要ないためさらにお得になります。

 

つまり、オールインワンゲルではないほかの化粧品ですと洗顔後に通常、

  • (洗顔)⇒ 化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ クリーム 【化粧品が3つ必要】

※さらに乳液を使うこともあります。

 

なのに対してオールインワンゲルだと

  • (洗顔) ⇒ オールインワンゲル 【化粧品が1つだけでよい】

 

となり買う化粧品がオールインワンゲル1つだけですむのでその分とても安くなるわけですね。

 

このことは価格比較の一覧表の数字では見えませんがオールインワンゲルであることはスキンケアのコストを非常に下げてくれています。

 

  • メディプラスゲルとSEACは 価格が安い + オールインワンゲルでお得

 

価格の比較

価格
ドモホルンリンクル クリーム20 7,020円
メディプラスゲル 1,831円
SEAC(シーク) 2,178円
HANAオーガニック 3,934円
L’ORACLE(オラクル) 6,960円
ヴィーナスホワイトニングセラム 3,486円

※定期購入で割引があったり初回購入時だけ非常に安くしているものがあるので3回購入したときの1か月あたりの平均の税込価格で比較しました。

(例)ボトル1本が1か月分の化粧品の場合

  • (定期購入で3回購入の税込価格)÷(3か月)=(1か月分の平均の税込価格)

※メディプラスゲルはオールインワンゲル

※SEAC(シーク)は夜用オールインワンゲル

 

 

まとめ

今回調べた成分と価格を再度まとめてみました。

 

  • メディプラスゲルとSEACが価格面でとてもお得で
  • さらにメディプラスゲルはドモホルンリンクルの独自原料の成分を2つも配合されている。

 

ということがわかりました。

 

価格の比較

成分 価格
ドモホルンリンクル 7,020円
メディプラスゲル 2 1,831円
SEAC(シーク) 1 2,178円
HANAオーガニック 0 3,934円
オラクル 1 6,960円
ヴィーナス 1 3,486円

※「成分」はドモホルンリンクルの独自原料と成分が一致するものの数。

※価格は1か月あたりの価格。

 

ドモホルンリンクルは独自原料を含む多くの和漢の成分が配合されていて、実際、成分においてほかの化粧品から抜きんでている化粧品と思います。

 

さらには歴史も実績もあり、口コミでも好感があって実力のある化粧品ですのでいちど使ってみたいと思う女性が多いです。

 

しかしお値段が高いということから今回ドモホルンリンクルの代わりになる化粧品を探してみた結果、

  • メディプラスゲルには独自原料の成分のうち2つが配合されていて
  • しかも非常にお得になる

ことが分かりました。

 

メディプラスゲルだと

  • 1か月あたりドモホルンリンクルのなんと約4分の1の5,189円も安い1,831円で買えますし、
  • オールインワンゲルなのでさらに節約になります。

 

さらにメディプラスゲルについてもう少し詳しく説明すると、

 

ただただお安いだけではなくて

  • じつは美容成分がなんと66種類も配合されていますし、
  • モンドセレクションの金賞を連続受賞していて、
  • さらに、コスメに敏感な多くの芸能人に愛用者がいることからもその実力をうかがうことができます。

 

愛用している芸能人には女優のほしのあきさん、タレントの渡辺美奈代さん、モデルの美香さん、釈由美子さんなどがいます。

出展 ほしのあき公式ブログ
出展 渡辺美奈代公式ブログ
出展 美香公式ブログ

このようにメディプラスゲルはただお安いだけではなく多数の美容成分を配合し、有名表彰に連続受賞、さらには多くの芸能人に愛されるほどのたしかな実力があるわけです。

 

このようなことから、

 

今回の記事ではドモホルンリンクルの代わりにできる化粧品としてメディプラスゲルをご提案いたします。

私がメディプラスゲルを使っている写真

そしてメディプラスゲルはいまですと通常価格が送料無料税込3,996円(2か月分入りボトル)なのに対して初回購入限定で1,000円引きの送料無料税込み2,996円とたいへんお得になっています。

 

「定期購入」の扱いですがいつでも解約ができるので初回のお得な購入だけでやめることもできます。

「3回は必ず購入してください」というような「約束」はありません。

 

仮に1回の購入でやめるとボトル1本が2か月分で2,996円なので1か月あたり1,498円となります。

1か月あたり1,500円を切る価格で2か月間使えることになります!

 

メディプラスゲルは公式サイトで購入することができます。

メディプラスゲル公式サイト

 

 

私自身も以前メディプラスゲルを実際に試していますので、よろしければその時のレビュー記事も読んでください。

【参考記事】メディプラスゲルを買って使ってみたレビュー

 

メディプラスゲルはゲルなのでとろりとしたテクスチャーを持っていて、濃厚でとろりとしたドモホルンリンクルの質感を彷彿とさせます。

 

使った感じのいちばんの違いはメディプラスゲルは香りがないというところですね。

ドモホルンリンクルは無香料ですが複数の植物成分の香りがしてきます。

私がメディプラスゲルを使っている写真

で、ドモホルンリンクルは「3日間無料お試しセット」を頼むと勧誘の電話が結構来るのですが、メディプラスゲルを買った時には勧誘の電話はまったくなくて私には好感でした。

 

また、メディプラスゲルをお得に初回1,000円引きで買うことができるのは「お試し定期便」という60日に1回定期的にお届けのシステムになっていますが、何カ月か必ず続けて使わなければならないということはなくて、1回受け取ってすぐにやめることもできます。

 

やめるときに電話をする必要がなくて、インターネットのメディプラスゲルのマイページからやめることを入力することができますので、電話でやめることを伝えるのがニガテな場合でも心配いりません。

 

いやなんですよね。やめるの電話で伝えるのって(笑)

やめる理由を説明しなくてはいけない気がして面倒です。

 

こういったふうにメディプラスゲルがやめにくいシステムにしていないところも私には好感です。

 

 

では今回の記事の最後にもういちどメディプラスゲルの公式サイトをご案内しておきますね。

メディプラスゲル公式サイト

私がメディプラスゲルを使っている写真
私がメディプラスゲルを使っている写真
たくさんのサンプルがついてきます!

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

※記事の内容は記事公開開始時点での情報をもとに書かれています。

現時点での各製品の成分等は各製品の公式サイトなどでご確認ください。