クレンジング(化粧落とし)とは?スキンケアを考えたおすすめのクレンジングの方法。BBクリームのときはどうする?

BBクリーム

(((約 13 分で読める記事です)))

そもそもクレンジングってなに?

メイクを落とすための化粧品を「クレンジング」といいます。「化粧落とし」とも呼ばれます。
自宅に帰ってきて、化粧下地やファンデーション、BBクリーム、CCクリームなどを落とすときに使う化粧品ですね。

このページでは、クレンジングの基礎的な知識、肌への負担を最小限にする私のおすすめのクレンジングの方法を説明します。また、BBクリーム、CCクリームをつけているときのクレンジングについても説明します。

クレンジングはメイクを落とすときに必要なものですが肌への負担が大きいので、よく読んで注意して使ってくださいね。

クレンジングは肌に大きな負担をかけます

お肌に大きな負担
メイクは肌を美しく見せることだけでなく、落ちにくいことも求められますので、多くのメイク化粧品は落ちにくくするために油性の基剤を使って顔料などを肌の表面に密着させています。

ですので水では落としきれないようにできていて、普通の洗顔料や石けんでは落としきれません。メイクの油分を溶かして落とすためには洗顔料や石けんではなくクレンジングを使います。

油分は油分で落とす、というわけです。

これに対して肌のほうですが、

肌はからだの外から雑菌などが入り込まないようにバリアを張っています。肌のもっとも外側のこのバリアは【皮脂】でできた【皮脂膜】、さらに皮脂膜の下の【角質層】でできています。角質層は層状になっていて、これらの全体の厚さは食品用ラップの厚さほどの薄いものですが、この皮脂膜と角質層が、肌から水分が失われていくのを防いでうるおいを失わないための大切なバリアにもなっています。

ですので、皮脂膜と角質層の層がそこなわれると肌は水分を急速に失いうるおいを失ってしまうことになります。こうなると乾燥肌になり、化粧水で水分を与えても肌はなかなかうるおいを保つことができなくなってしまいます。

クレンジングはこの大切な肌のバリアを、メイクを落とすのと一緒に損なってしまう力も持っています。

そして肌は乾燥しやすくなり、抵抗力が低下して様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

さらに、クレンジングの原料ですが、
クレンジングは鉱物油(ワセリン、パラフィンほか)でできています。鉱物油は石油を精製して作ります。

化粧水を選ぶときに肌に優しいものを選んでいる人は多いと思います。なかでも、鉱物油フリーな(パラフィンフリーなど)製品は多くあります。

ですが、そもそもクレンジングは鉱物油でできているものです。

そして、メイクは洗顔料や石けんでは落ちませんからクレンジングで落とさなければなりません。

ということは、せっかく鉱物油フリーな化粧水を選んで使っていたとしても、メイクを落とすために鉱物油(クレンジング)を使わなければならないのです。

肌にどれだけ負担をかけないようにクレンジングするかがとても重要

これまで説明してきましたようにクレンジングが肌のバリアーを落としてしまい肌に大きな負担をかけるという事実は、クレンジングを使う私たち女性全員に共通の事実です。

肌にはよくないのにも関わらずメイクを落とすために使わなければならないことを指して、クレンジングは「必要悪」なのであると言う皮膚科医のアドバイザーもいるほどです。

肌にどれだけ負担をかけない方法でクレンジングするかがとても重要、というわけです。

クレンジングの種類

クレンジングを使うと、メイクと一緒に肌の一日の汚れがごそっと一気に落ちてくれるような気がして気持ちがいいものですよね。
ですが大切な皮脂を一緒に落としてしまわないように注意します。

クレンジングには種類があります。簡単に特徴をあげると以下のようになります。洗浄力と肌への刺激に注目して説明します。

(1) クレンジングオイル
洗浄力が強くメイクをよく落とします。しかし洗浄力が強いことと、油が残りやすいためその後つい洗顔しすぎて大切な皮脂まで落としてしまいやすく、乾燥肌になりがちです。

(2) クレンジングクリーム
刺激が少なく、洗浄力が弱いタイプです。クリームをたっぷり使うことで肌をこすらずにクレンジングができます。

(3) ジェルタイプ、ミルクタイプのクレンジング
刺激は少なく、しかし洗浄力は弱いです。そのため、クレンジングの際についゴシゴシこすってメイクを落とそうとするので肌をいためてしまいがちですので注意が必要です。

(4) ローションタイプのクレンジング
コットンに含ませて使うものや、ローションを含ませたシートタイプのものがあります。便利でメイクが落ちやすいですが、エタノールなどの刺激が強いものが含まれているので注意が必要です。

洗浄力と肌への刺激に注目して特徴を見てみましたが、洗浄力があれば肌への負担が大きいというように、どれも一長一短で絶対にこれがいいというものがないという状況です。

こういう状況のなかで、肌への負担を最小限に抑えることを第一に考えて、私は(2)クレンジングクリームの使用をおすすめします。

クレンジングクリームは洗浄力は弱いですが、刺激が少なく、クリームをたっぷり使うことでこすらずにクレンジングができるので、肌への負担が最も小さいです。

肌への負担を最小限にするクレンジングの方法

お肌に負担をかけない方法
クレンジングには、メイクも肌の汚れも一度に落とすものがありますが、肌への負担を最小限に使用と考えた場合、こういうものは洗浄力が強すぎるので使用しません。

クレンジングとその後洗顔料(または石けん)で洗う、ダブル洗顔をします。

クレンジングの種類は、クレンジングクリームを選びます特にクレンジングオイルは強力なのでよほど肌が強くない限り使わないほうがよいでしょう。

クレンジングは短時間で行います。

クレンジングで長時間マッサージをして角栓をとろうとする人もいるのですが、これは肌に大きな負担をかけてしまい、かえって毛穴を開かせてしまう原因になります。

短時間、というのは肌に負担になるクレンジングを長時間肌に触れさせておかないようにということです。

実際の時間としては、肌にのせたら30秒で流してしまうようにします。

クレンジングでは汚れが6割り落ちたらよし、と考えてください。
残りはその後の洗顔で落とすようにします。

さて、正しいクレンジングのしかたですが、まず、クレンジングクリームをじゅうぶんにたっぷり使うことがポイントです。
洗うときに摩擦で肌を痛めてしまわないためです。

手のひらに500円硬貨大ほどをとります。

皮脂が多く肌の強いTゾーンからのばしていき、手早くほおに広げ、目元・口元に優しくなじませます。これを約20秒で終わらせます。その後の約10秒から20秒ほどですすぎます。

ゆっくりとマッサージしたりせず、摩擦をしないように肌になじませすぐにすすいでしまいます。クレンジングの工程は全体で30秒から40秒ほどです。

すすぎのときも摩擦をしないように気をつけます。

ぬるま湯を顔にかけて多少ヌルつきが残っていても、6割程度落ちていればよし、として終わらせます。

コスメjpからはこちらのクリームクレンジングをおすすめします👇

2022年8月に新しくなったばかりの【オルビスユー】のトライアルセット(洗顔、化粧水、保湿液 7日分)もついてきて大変お得になっています

BBクリームのときのメイク落とし

BBクリームを使っている人も多いと思います。

BBクリームは化粧下地とファンデーションの効果を合わせ持つものです。

ですので、BBクリームのときも、やはりクレンジングクリームで落とすようにします。
クレンジングのしかたも同じように30~40秒で流し終えるようにするといいでしょう。

クレンジングと乾燥肌の関係

クレンジングは「メイク落とし」なのですが、肌そのものにどれだけ負担をかけない方法で行うかということを考えたとき、それは肌の健康を損なわないようにするという意味でスキンケアになりますよね。

そう。肌に負担をかけないこと。それはとても大事なことです。

これまで乾燥肌で悩んでいろんな化粧水を使ってきたという人は多いと思います。そういった人のなかにはもしかしたら、クレンジングが原因という人が少なくないと思われます。

実際、クレンジングのやり過ぎが乾燥肌を増やしている一因であると指摘している皮膚科医のアドバイザーもいます。

メイクが落ちにくい強力なものになっており、メイクを落とすためのクレンジングも強力なものが多くなりました。
忙しい女性が増え、短時間で手間なく汚れを落としたいというニーズがそれに拍車をかけています。

化粧水の「プラス」の要素よりもクレンジングの「マイナス」のほうが大きかったとしたら・・・。

そういった場合は、クレンジングの方法を見直したら乾燥肌が改善するかもしれません。

この記事がこれからのクレンジングの方法を見直すヒントになれば幸いです。

おすすめのクリームクレンジング👇


このあとは「もっと詳しく読んでみたい」という場合に読んでみてくださいね

参考

落とし方別 メイクを落とす3つの方法

メイクの落としかたには、製品によって3つの方法があります。

なお、マスカラなどの落ちにくいものを使っているときは先に専用のリムーバーで落とします。

ダブル洗顔
クレンジングの後、洗顔料で洗顔を行うタイプです。メイクを落とす効果が高いものです。
(リムーバー →) クレンジング → 洗顔

シングル洗顔
クレンジング剤と洗顔料がひとつになったタイプで、クレンジングと洗顔を一度にできるものです。
(リムーバー →) クレンジング → 洗顔

ふき取りタイプ
クレンジング剤とメイクをなじませたあと、コットンやティッシュペーパーでふき取って落とすタイプです。クレンジングをふき取ったあとに洗顔をします。
(リムーバー →) クレンジング → 洗顔

含まれる成分別 クレンジングの4つの種類

含まれる成分によってクレンジングは4つの種類に分けられます。油分の多いこってりとしたもの、ジェル状、ミルク状のものなどがあります。

クレンジングクリーム
私がおすすめする種類がクレンジングクリームです。油分の多いこってりとしたクリームです。肌につけると水分が蒸発し気化熱により冷たい(コールド)感触があるので、「コールドクリーム」とも呼ぶことがあります。
ミネラルオイル、ワセリン、パラフィン、マイクロスタリンワックス、オリーブ油、ホホバ油の各種油分に、水、乳化剤、保湿剤、香料を加えて作られています。

クレンジングオイル
水油状のもので、ミネラルオイル、オリーブ油を基材に水を多く加えずに作られたものです。

クレンジングローション
乳状のものはクレンジングミルクともいいます。
ミネラルオイル、ワセリン、オリーブ油に水、乳化剤などを加えて作られたものです。
また、液状のものはクレンジングリキッド・クレンジングジェルともいいます。
洗浄剤と水が主成分で作られたものです。

クレンジングシート
不織布、ガーゼ、コットンなどに水、洗浄剤、保湿剤をしみこませたものです。これで顔をぬぐい化粧を落とします。