自分に合った保湿クリームがみつからないときの対処方法!「美容オイル」でオリジナル保湿

保湿

(((約 5 分で読める記事です)))

乾燥が気になる季節になると、いつものスキンケアに「保湿クリーム」をプラスする人も多いのではないでしょうか。

しかし、乳液では保湿力がたりないけど、保湿クリームを使うと油分が多すぎてべたつきが気になってしまうこともよくある話です。

市販の保湿クリームは、乳液よりも油分が多めになっているため、乳液と併用すると油分が多すぎてしまう可能性があるのです。

今回は、美容オイルを使って自分が「心地よい」と感じる油分量の保湿方法を紹介します。

お肌の保湿には油分が大切!しかし多すぎる油分はトラブルの原因に!

乾燥肌に悩んでいる人は、お肌に水分が不足していると思い、化粧水をたっぷりと使うことでお肌に潤いを与えようとします。

しかし、化粧水をどんなに使っても化粧水が浸み込む深さには、限界があります。

潤いあるお肌を保ちたいならば、お肌に水分を与えるだけでなく、与えた水分の蒸発を防ぐことがポイントなのです。

お肌に浸み込んだ化粧水は、どんどんお肌表面から蒸発していきます。

そのため、蒸発を防ぐ意味でも乳液を使って油分の膜を作る必要があるのです。

油分の膜を作ることで、水分の蒸発を穏やかにすることができ、お肌がしっとりするでしょう。

話題のオールインワンゲルは、化粧水と乳液の役割を同時に行うことができるため、補水しながら膜を作ることもしているのです。

ただ、乾燥肌に悩んでいる人は、オールインワンゲルの膜を作る力だけでは物足りなさを感じることもあるようです。

そんなときには、油分だけをプラスすることで、足りていないと思う部分を補うことができるでしょう。

油分は、お肌を保湿するために大切なものです。

しかし、そんなに良い油分でも与え過ぎると肌トラブルを引き起こします。

乾燥肌だと思っている人の一部は、実は皮脂が多く出ていることがあります。

皮脂が多く出ているにもかかわらず、水分量が足りていないため乾燥肌だと思い、どんどん油分をプラスしてしまうのです。

乾燥肌の人は、水分を補うことで皮脂とのバランスをとることができるのです。

十分な皮脂が分泌されているのに、さらに油分を与えてしまえば、毛穴が詰まったり角栓ができてしまったりするでしょう。

美容オイルを使ってオリジナルの保湿方法を見つける

お肌の保湿をするためには、水分を十分に与えた後の油分が大切です。

化粧水と乳液でお肌のバランスがとれているならばいいのですが、乳液だけでは物足りないと思うならば、乳液ではなくクリームに変えてみるといいでしょう。

乳液とクリームの両方を使う人もいますが、両方とも目的はほぼ同じです。

含まれている油分量が違うだけなので、自分に合った油分量の方を使うようにすればいいでしょう。

しかし、市販のクリームは油分量が多くなっているため、人によってはべたつきが気になることがあります。

乳液はサラッとした質感で使いやすいのですが、油分量はクリームよりも少なくなっています。

もしも、乳液では物足りず、クリームだとべたつくならば、美容オイルを使ってみてもいいでしょう。

美容オイルとは、植物などから抽出されたオイルです。

お肌だけでなく、髪や爪にも使うことができるため、1本持っているととても便利でしょう。

オールインワンゲルは1本で化粧水と乳液の役割をこなしますが、保湿力に物足りなさを感じることもあります。

そんなときには、美容オイルを少し重ねづけしてみるといいでしょう。

また、「クリームよりも乳液の質感の方が好き」という場合には、乳液に美容オイルを少量混ぜてみるとオリジナルの保湿クリームになります。

加える量を加減できるため、お肌の状態に応じて油分量を変えることができるのです。

美容オイルは、油分が100%に近いものです。

そのため、お肌にどれだけ油分を与ているのかを目で確認することができます。

自分に合った美容オイルを見つけ、自分に合った量をプラスすることで、オリジナルの保湿方法を見いだすことができるでしょう。

植物由来の美容オイルを単体で入手するというのも一つの方法かもしれませんが、例えばcoyoriなどは、トライアルセットを購入しますと少量で入手できるうえ、化粧水とクリームも一緒ですので、最も相性のいい同じラインでの使い方ができてお手軽です。(送料無料税込980円)

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。