伝え方コミュニケーション検定・初級のレビュー

生活関連のレビュー

(((約 7 分で読める記事です)))

今回は、外出せずに取れるコミュニケーションの資格「伝え方コミュニケーション検定・初級」を受講してみましたのでレビューしますね。

伝え方コミュニケーション検定・初級

伝え方コミュニケーション検定・初級は、家庭(子育て・夫婦関係)や職場の人間関係で役立つ実践的なメソッドということで、「性格統計学」をもとにしたコミュニケーションのメソッドを学ぶことができるというものなんですね。

ですので、コミュニケーションにともなうさまざまな悩み、たとえば、

  • 内容を的確に伝えられない
  • しっかり伝えてるつもりなのに理解してもらえない
  • 自分の意図と違うニュアンスで受け取られてしまう
  • よかれと思って言ったら相手を怒らせた
  • 同じことを何度言っても動いてくれない

といった悩みを抱えている場合に効果的ということのようなんですね。

そして、こういった悩みは、

  • 職場の上司や部下との関係であったり、
  • 子どもや親、夫婦の間の関係であったり

という関係で多かれ少なかれあるのではないかと思いますので、このサイトを見てくださっているあなたにもきっと関係のあるんじゃないかと思います。

伝え方コミュニケーション検定・初級

それでは、受講してみます。

伝え方コミュニケーション検定・初級はeラーニング形式での受講です。公式サイトから申し込みます。申し込むとeラーニングをするための情報がもらえます。受講するためにアクセスするURLと、ログインIDとパスワードといったアカウントの情報です。

指定されたURLに無事にログインできると、最初に、自分自身の性格傾向を診断してもらうための診断用アンケートに回答を入力していきます。

PCでの画面です。

診断用アンケートに答え終わると、すぐに診断結果を見ることができました。

診断用アンケートが終わると、いよいよ受講です。サイトのマイページにアクセスします。

マイページでは「ご受講ガイド」のPDFデータをダウンロードして取得できます。これによると受講の流れは、

  1. 動画視聴によるeラーニング
  2. Web検定試験を受験
  3. 合格の手続き
  4. 合格証が発送される

ということのようです。

さらにマイページで、伝え方コミュニケーション初級検定テキストのPDFデータをダウンロードして取得します。この後これを使って動画を視聴しますので、PDFのテキストをプリントアウトしておきます。

マイページからeラーニング動画を選択して、動画のリストを見ます。動画は5つに分けられていて、トータル138分、と書かれています。

2時間とちょっと動画を見て試験に合格すれば資格が取得できるということで、がんばろうという気になってきました。

5つの動画を順に視聴して学びます。

動画は先生の話している顔を見ながらパワーポイントを見て説明を聞くスタイルです。動画のなかでは、先生が受講生数人とzoomのようなリモートでつながっていて、時々やり取りをしながら進められていきます。

私はプリントアウトしたテキストを見ながら動画を見ます。

受講した内容のすべてをここでお伝えするわけにはいかないのですが、動画では、

  • 自分と他の人では伝え方、受け取り方が違うタイプの人がいて、違いを知っていないと思わぬ誤解をが生まれたりモヤモヤした気分になることがあるので、相手のタイプに合わせてコミュニケーションをとるということ。ですとか、
  • タイプには大きく分けて2つのタイプがある。というようなことですとか、
  • さらに、コミュニケーションを円滑にとるための具体的な方法

といったことが説明されていて、人間関係で苦しんでいるというような場合にとてもラクになれる内容と思いました。そして先生はゆっくりていねいに説明してくれていたので、1回でよくわかるものとなっていました。

動画をすべて見終わったら、Web検定試験を受検します。マイページからWeb検定試験を選択して、画面の設問に選択式で答えていくものです。10問あって80点以上で合格ということです。合格できなかった場合は再受験ができるようです。受験は2回までということです。

試験の結果はその場ですぐにわかります。動画の説明が1度で飲み込めるわかりやすいものだったので、私は1度で100点で合格できました!

合格しましたので、最後にマイページから合格後の手続きの画面に行き、合格証の申請フォームに入力して、受講は終了です。合格証が郵送されてくるということのようです。

さて、受講が終わりました。すべてが1日で完了できました。あとは合格証が届くのを待つだけです。

今回、講座を受講して、伝え方と受け取り方には、人によってタイプがあることや、異なるタイプだと同じ言葉でも受け取り方がかなり違ってくるということがとても印象に残りました。

ポジティブに伝わりやすく話しているつもりが、異なるタイプの人にとってはネガティブに感じられるものだったりするということが起こるので、そういうときには、こちらには原因がわからないまままったく意図しない反対の反応をされるようなことが起こるわけですよね。

コミュニケーションのなかでそんな理不尽なことが起きえるし、実際よくおきているのだと思うと、今回、本当に受講してよかったと思いましたし、こういったことを踏まえつつ人への伝え方を具体的に説明していますので、職場での人間関係や家族との関係を改善するのにとても実践的と思いましたね。

伝え方コミュニケーション検定・初級は、公式サイトから申し込んで、自分のPCやスマホなどですぐに受講できます。受講のためにアプリなどをダウンロードする必要がなくて、ブラウザがあればすぐに受講できます。

最後に、公式サイトをご案内しておきますね。↓

伝え方コミュニケーション検定・初級 公式サイト