バナジウム天然水「朝霧のしずく」のレビュー

(((約 4 分で読める記事です)))

今回は、バナジウムを多く含んだ天然水「朝霧のしずく」のレビューです。

朝霧のしずく

それでは飲んでみます。

公式サイトから注文します。朝霧のしずくは500mLと2Lのペットボトルのものがありました。そのまま飲む用ですとかお料理に使う用ですとかで使い分けると便利ですよね。

ボトルの表示を見てみます。富士山のふもとで採取したナチュラルミネラルウォーターで、バナジウムがたっぷりということが書かれています。

バナジウムを調べてみると、人のからだに微量に含まれるミネラルで、富士山のふもとで採取される水に多く含まれているんだそうです。

栄養成分表示を見ます。マグネシウムも100mLあたり1.1mg含まれているようです。バナジウムについても書かれていて、1Lあたり150μg含まれているようです。

このほか、硬度が82μg/Lということと、採取地が静岡県富士宮市の深井戸ということが書かれています。富士山のふもとの深井戸で採取したということが分かりますね。

硬度は、水の「硬さ」で、私の印象では、やわらかくてまるい感じのする水なのかカルシウム塩が多く含まれていてカサカサした感じのする水なのかという違いのことという印象ですが、フランスなどのヨーロッパのミネラルウォーターには硬くてあまりおいしくない「硬水」が多い印象を持っています。よく「水の代わりにワインを飲んでいる」というようなことを聞くのですが、それはお酒をたくさん飲みたい人の「ウソの方便」がまったくの100%ということではなくて、水がおいしくないからということがあるんだと思います。ちなみに硬水はお洗濯にも不向きなのだそうです。わき水をおいしくいただけたり利用したりできる日本はほんとうに恵まれていると思います。

朝霧のしずくはやわらかくて飲みやすい「軟水」ということなので早く飲みたくなってきます。

モンドセレクションで3年連続最高金賞を受賞しているということです。品質に信用ができるあかしですよね。

私がいつも使っているティファニーのグラスに注いでみます。

透明でサラサラの水です。

飲んでみます。

やわらかくてすんなり体に入ってくるおいしい水です。質感のまるい、やさしい水という感じです。これはいいですね。

私の持っている粉末のを使って青汁を作ってみました。

すんなりと溶けておいしくできました。

当たり前ですが蛇口の水のように塩素のにおいもしませんし、それどころかまるくてやさしい感じのするおいしい水でした。

たとえば、500mL入りのボトルのほうは冷蔵庫で冷やしておいてお仕事に出かけるときに持ち歩いて出先で飲んでスッキリするのに使って、2Lのほうは自宅で飲むのに使ったりお料理に使ったりする、という使い分けができそうです

味について、お塩なども単に「NaCl」だけのものより「にがり」が入っているもののほうがおいしいし大事にされるように、「水」も、マグネシウムなどのミネラルがちょうどよく含まれた自然のものがやさしくておいしいんですね。

そして、モンドセレクションの最高金賞を連続で受賞しているほどの高品質な水を、これほど手軽に口にすることの幸福感を、ぜひいちど味わい愛でてみてほしいです。

バナジウム天然水「朝霧のしずく」公式サイト