ドモホルンリンクルをやめると肌はどうなってしまうのか

ドモホルンリンクルをやめると肌はどうなってしまうのか。

このことを深掘りして調べてみました。

 

ドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルは漢方の製薬会社「再春館製薬所」が「人も自然の一部である」という漢方の考え方をもとにつくっている、超有名な化粧品ですよね。

漢方の処方をはじめ、日本で初めてコラーゲンを基礎化粧品に配合し、40年以上もの歴史がありますし、そういったことから、年齢肌の「最後のとりで」とも言われたりするほど、年齢肌に対しての効果に信頼が熱い化粧品です。

 

ですが、

  • ライン8点すべてをそろえて使うと1か月あたり33,634円が必要で、

 

再春館製薬所が8点の中でも「大切」と言う

  • 「基本4点」(以下の4~7)だけでも17,434円となり、

 

使い続けるのが大変と思います。

Finish Reading: ドモホルンリンクルをやめると肌はどうなってしまうのか

お肌の糖化→黄ぐすみ→老け顔!?あなたを救うのはコレ

「黄ぐすみ」で悩んでいるあなたは必見!

あなたの一番の悩みはお肌の「くすみ」ですよね?

 

実は35才を過ぎた女性の95%以上が、

黄ぐすみで悩んでいると言われています。

Finish Reading: お肌の糖化→黄ぐすみ→老け顔!?あなたを救うのはコレ

「敏感肌」に打ち勝つエイジングケア

あなたは悩んでいませんか?

男女雇用機会均等法が確立され、

女性の社会的地位も高くなっています。

 

特にアラフォー世代(35歳~45歳)は、

キャリアウーマンとして活躍する人も多いですが、

Finish Reading: 「敏感肌」に打ち勝つエイジングケア

POLA最高峰ブランドB.Aの「セラム レブアップ」を徹底解剖レビュー

今回はあの、ポーラ最高峰ブランドポーラBAのアイテムの本製品を実際に購入して試しましたので、たくさんの写真で徹底解剖しながらレビューしますね。

今回試したのは美容液の「セラム レブアップ」です。

Finish Reading: POLA最高峰ブランドB.Aの「セラム レブアップ」を徹底解剖レビュー

お肌が暗く見えてしまう3つの原因と、透明感のある肌のためのスキンケア

 

「透明感のある明るいお肌が欲しい。」女性なら誰でもそう思いますよね!

この記事ではまず肌から透明感が失われてしまう原因について説明し、次に肌に透明感を出すためのケアを紹介します。

Finish Reading: お肌が暗く見えてしまう3つの原因と、透明感のある肌のためのスキンケア

POLAホワイトショットCXのレビュー

POLAという化粧品会社

POLAは、日本初のシワを改善する薬用化粧品として「シワ改善効果」を公的に認められた化粧品、「リンクルショット メディカルセラム」(シワ改善クリーム)を2017年1月に発売し、テレビCMなどで話題となり、非常に注目されている化粧品会社です。

 

POLA社は、体の中の白血球の一種「好中球(こうちゅうきゅう)」が放出する「好中球エラスターゼ」がシワの原因の一つであることを世界で初めて発見しました。

 

「好中球エラスターゼ」は真皮のコラーゲンやエラスチンなどの成分を分解してしまいます。

真皮のコラーゲンが減少するとほうれい線、目の下、目尻のシワなどの深いシワができてしまいますね。

 

これに対してPOLA社はオリジナル医薬部外品有効成分「ニールワン」を開発しました。

「ニールワン」は、真皮に届き、「好中球エラスターゼ」の働きを抑制しシワを改善します。

※「ニールワン」の成分名は「三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na」

 

シワの改善を、クリニックに行かなくても自宅で塗る化粧品で改善効果を期待できることが、シワで悩む女性に大きな希望を与えてくれたと思います。

 

POLA社の発表によると、税込16,200円という高額帯の価格でありながらも当初の年間売り上げ目標100 億円を9月時点で早くも上回る(112億円、購入者約44万人)勢いで売り上げを記録していき、年の途中で売り上げ目標を上方修正するということもあったほどです。

 

このように2017年はPOLA社が非常に話題となった年と思います。

 

自社リサーチセンターを持ち、自社工場で生産している化粧品会社は日本にほかに何社あるでしょうか。

 

さらに、ベストコスメの受賞数も断トツの多さで、特にB.Aシリーズは、過去のB.A製品やRED B.Aも含めると総受賞数は472冠(驚)。このうち1位の獲得した数は164冠にも及びます。

 

POLA社はこのように、強力な研究開発力と長く美容のプロにも認められている、先進的なエイジングケア化粧品を開発している企業なのだと思います。

 

そしてこのおかげで、私たち一般の人にもこのようなすばらしい化粧品を使うチャンスがあるわけですね。

 

「悩みにショット」するPOLA製品

今回はそんな、強力な研究開発力をもち美容のプロにも認められているPOLA社の製品のレビューです。

 

今年超有名になった「リンクルショット」のほかにも、POLA社の「悩みにショット」するラインナップには「ホワイトショット」という美白化粧品もあります。

 

今回はこちらの「ホワイトショット」、これを入手して使ってみましたのでレビューしたいと思います。

ホワイトショットCX 25mL入り税込16,200円

ホワイトショットの公式サイトはこちら

ホワイトショットは1998年、美白有効成分ルシノール®を配合し誕生し、以来常に最新の美白研究を搭載している話題の美白化粧品です。

 

それではレビューです。

 

このような箱に入っています。

リンクルショットと同じ手書き風サインのロゴですね。

使ってみる前から期待感が高まります。

成分を見てみます。

美白の有効成分はもちろんですが、私としてはですね、POLA社のオリジナル成分として

  • ヨモギエキス
  • レンゲソウエキス

の2つがとても気になります。POLA最高峰ブランドの「B.Aシリーズ」に共通して配合されているお肌のくすみ対策に期待できる成分です。

ホワイトショットにもこれらの成分が配合されているのがうれしいです!

無香料、無着色、日本製ですね。

ちなみに箱は切り取り線で切って開いて、内側に印字された説明を見ることができるようになっています。

ホワイトショットは美容液です。ローション(化粧水)のあとに使います。

 

それでは箱から出して使ってみます。

ふたの長さのバランス感覚が不思議で、意外な、日常から離れたかのような、どこかすてきな新しい世界に連れて行ってもらえそうな気持ちにさえなる、とてもおしゃれな容器と思いました。

容器のふたはこのように封印されていて安心感があります↓

開けるのは力もいらず簡単にできました。

さて、この長いふたの中はどうなっているでしょうか。

黒くてながーいポンプでした。

このポンプを押して手に出して使います。

今回使っているのは「ホワイトショットCX」で、顔全体に使う用のタイプです。顔全体に使うとき2プッシュ出します。

小さなポンプなのでどうかな、と思いましたがスッと軽くスムースに出てきてとても使いやすいです。

 

手に出してみて、テクスチャーですが、サラサラに近いです。が、わずかにとろみがあります。無色透明で、香りはありませんでした。

これを顔全体にやさしくなじませて使います。

シミ、ソバカスが気になる部分に部分使いするのもアリと説明に書いていました。

部分使いして気になるところの対策をするのもいいですね。部分使いでは1プッシュだけ出して使います。

 

顔全体にも部分使いにもプッシュ式で量が出しやすいですし、テクスチャーとしても伸びやすくて使いやすかったですね。

 

まとめ

今回は話題のリンクルショットと同じ「悩みにショットする」期待のラインナップを使ってみました。

使用感としては、容器がおしゃれでかつ機能的でしたし、テクスチャーとしても伸びやすくて使いやすいものでした。

 

これから続けていくのに使いやすいことはとても大事です。

そして・・・

 

私の肌はこれからドンドン透明感を増していくのか!?

今はまだまだ使い始めたばかり・・・。なので、これからの私のハダ色に期待です!

ホワイトショットCX 25mL入り税込16,200円

ホワイトショットの公式サイトはこちら

ポーラ「リンクルショット メディカルセラム」を安く買う方法、代わりになる美容液を調べてみた

ポーラ「リンクルショット メディカルセラム」

ポーラの「リンクルショット メディカルセラム」は日本で初めてのしわを改善する美容液です。

出典net.pola.co.jp

「シワを改善する薬用化粧品」として日本初めて公的に承認された医薬部外品なのです。

 

そして、20g入り税込16,200円と超高価格帯に位置する商品でありながら2017年1月1日の販売開始依頼、非常に注目されとても売れている美容液です。

Finish Reading: ポーラ「リンクルショット メディカルセラム」を安く買う方法、代わりになる美容液を調べてみた