1万円以内で試す!「SK2」の基本スキンケア「トライアルキット」の内容と魅力を徹底解説

(((約 9 分で読める記事です)))

スキンケア化粧品の最高峰と言っても過言ではない「SK2」ですが、とにかく「高い」というイメージがあり、なかなか手が出せない人も多いのではないでしょうか。

多くの化粧品メーカーは、商品の良さを知ってもらうために「トライアルキット」や「お試しセット」を用意しています。

 

トライアルキットとは、メーカーの目玉商品をいくつか詰め合わせたセットで、商品単品を購入するよりも手ごろな価格で、たくさんの商品を少量ずつ試すことができます。

 

実は、SK2からも数種類の「トライアルキット」が販売されています。

 

今回は、中でもスキンケア化粧品の代名詞でもある「化粧水」がメインになっている「トライアルキット」に注目し、その内容と魅力について解説します。

 

SK2「トライアルキット」の「ピテラエッセンスセット」中身は全4種類

SK2からは、さまざまなスキンケア化粧品が販売されています。

 

クレンジングから始まり、化粧水、美容液など求める効果によって、選ぶ楽しみが充実していることもSK2の大きな魅力ではないでしょうか。

 

しかし最初からすべてのスキンケア化粧品を試すことは難しいでしょう。

 

最初は、SK2の一番の主役であるピテラ「ガラクトミセス培養液」の魅力を堪能できる商品から試したいものです。

 

スキンケア化粧品の目玉といえば「化粧水」です。

 

SK2のトライアルキットは、いくつかの種類がありますが、一番手ごろな価格でピテラ「ガラクトミセス培養液」を堪能できるセットは4種類セットの「ピテラエッセンスセット」でしょう。

ピテラエッセンスセットには「化粧水」と「ふき取り化粧水」と「パック」、そしてコットン30枚が入っています。

 

スキンケアの基本である「化粧水」の効果を感じやすいセットになっていると言えるでしょう。

 

また「SK2は高くて買えない」という人にも、トライアルキットは適しています。

 

なぜならば、ピテラエッセンスセットは1万円以内で購入できるからです。

 

SK2の商品は、一つを購入しても1万円以上することが多いでしょう。

 

トライアルキットに入っている商品は、単品で購入する商品よりも容量は少なくなっています。

 

しかし、化粧水は75ml入っているため、効果を感じるには十分な量ではないでしょうか。

 

「フェイシャルトリートメントエッセンス(化粧水)」の魅力

トライアルキットのメインは、フェイシャルトリートメントエッセンスでしょう。

SK2のスキンケア商品には「フェイシャルトリートメント」と言う言葉が共通してついています。

 

その後に続く言葉が、商品ごとの役割を表現しているのです。

 

「エッセンス」とは、「本質」や「神髄」を意味する言葉です。

 

まさにフェイシャルトリートメントエッセンスは、SK2の神髄といえる商品といえます。

 

トライアルキットに入っているフェイシャルトリートメントエッセンスは、75mlです。

 

単体で購入するときの容量は、160mlもしくは230mlになります。

 

フェイシャルトリートメントエッセンスの全成分は7種類あり、一番多く使われている成分がSK2の代名詞でもあるピテラ「ガラクトミセス培養液」なのです。

 

ガラクトミセス培養液は、ガラクトミセスという酵母が発酵するときにできる液体です。

 

発酵を伴うため、SK2の商品には独特のにおいがあります。

 

使い始めは、においが気になる人もいますが、使い慣れてくるとにおいよりも「効果」のほうに驚かされるようです。

 

一般的な化粧水は、さまざまな効果を出すために、たくさんの成分を添加していきます。

 

香りを良くするために香料を添加し、保湿力を高めるためにヒアルロン酸やプラセンタを添加するのです。

 

しかし、SK2のフェイシャルトリートメントエッセンスには、ピテラ「ガラクトミセス培養液」意外にスキンケア化粧品として効果を発揮するような成分は目立っていません。

 

ピテラ「ガラクトミセス培養液」は、自然の「発酵」という力で作られた成分がたくさん含まれているため、それ以外の成分を添加する必要がないのです。

 

ピテラ「ガラクトミセス培養液」には、お肌に必要なアミノ酸などのミネラルが豊富に詰まっています。

 

「フェイシャルトリートメントクリアローション(ふき取り化粧水)」の魅力

フェイシャルトリートメントクリアローションは、ふき取り化粧水と呼ばれるもので、化粧水の前に使います。

 

トライアルセットに入っているコットンに含ませ、化粧水をつける前のお肌をふき取ります。

 

洗顔後の「きれいになったはずのお肌」には、まだまだ古い角質が残っているため、コットンでふき取ってみると、コットンには古い角質がついてくることもあるのです。

 

コットンでお肌をこするという作業は、やり方によってはお肌にダメージを与えてしまいます。

 

しかし、SK2のフェイシャルトリートメントクリアローションには、エッセンスと同様にピテラ「ガラクトミセス培養液」がふんだんに使われています。

 

そのため、コットンでこすりながらスキンケアを同時に行っていると言えるのではないでしょうか。

 

フェイシャルトリートメントクリアローションには、角質ケアをする「リンゴ酸」と「クエン酸」と「乳酸」の3つの酸が含まれています。

 

3つの酸が古い角質をやわらかくし、取り除くことで、その後のエッセンスの吸収をより効率的に導くのです。

 

スキンケア商品を選ぶとき「お肌に入れる」ことに集中していまい、なかなか「古い角質を取り除く」ことまで気が回らないものです。

 

しかし、古い角質を取り除くことで、化粧水の浸透を妨げるものが減り、よりスキンケアの効果を感じることができるのでしょう。

 

「フェイシャルトリートメントマスク(パック)」の魅力

ピテラエッセンスセットには、フェイシャルトリートメントマスクが1枚入っています。

 

SK2のマスク(パック)には、ファイバーテクノロジーシートが使われています。

 

使い切りのマスクは、たくさんの種類が市販されていますが、中にはシートが薄かったり、シートが顔表面にはりつかずに浮いてしまう商品も多いようです。

 

SK2のマスクは、シートの12か所に切れ込みが入っています。

 

それぞれの切れ込みは、顔の凹凸に効果的に働きかけ、顔表面に沿うように考えられています。

 

トライアルセットに入っているマスクは1枚です。

 

特別な日のスペシャルケアとして使ってみてはいかがでしょうか。

 

SK2のホームページをみても、商品の価格は前面に出されている印象は受けません。

 

それだけに「高い」というイメージは膨らみやすいのかもしれません。

 

SK2の最大の魅力であるピテラ「ガラクトミセス培養液」を1万円以内で体験できるトライアルセットならば、自分へのご褒美として試してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら