過保護なスキンケアは肌をダメにする!知らずにやりがちな過保護ケア!正しい方法はこれだ!

(((約 7 分で読める記事です)))

お肌を大切に思う人ほど、スキンケアを念入りに行っているものです。

 

「顔を一日に何度も洗い、高価な化粧水とクリームをふんだんに使っているにもかかわらず、肌トラブルが絶えない」という人は、過保護スキンケアをしているのかもしれません。

今回は、知らないうちにやりがちな「過保護スキンケア」を例に挙げ、正しいスキンケア方法を紹介します。

 

一日に何度もお湯で顔を洗って「清潔キープ」は過保護スキンケア

汗ばむ季節は、洗顔直後でもべたつきが気になるものです。

 

「スキンケアの基本は洗顔」と思って、毎日何度もお湯で顔を洗い、せっせと顔のべたつきをとっている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし「べたつき」と感じているものは、実は肌表面を保護している皮脂なのです。

 

適度な皮脂は、お肌の乾燥を防ぎます。

 

皮脂は、洗い流されても繰り返し分泌され、お肌を守ろうとしています。

 

過保護スキンケアによって、必要以上に皮脂が洗い流され続けると、皮脂は必死になって量を増やし、ますますべたつきが気になるようになるのです。

 

適度な皮脂は、お肌を守るために必要なものと考え、必要以上にサラサラなお肌を求めることはやめたほうがいいのかもしれません。

 

「お肌を守るために」と思って行っていた過度な洗顔によって、実はお肌は危険にさらされている可能性もあります。
洗顔は、朝晩の二回にとどめておくほうがいいのではないでしょうか。

 

高価な化粧水と乳液、クリームを「ふんだんにお肌にのせている」は過保護スキンケア

過保護なスキンケアによって、皮脂を洗い流されたお肌は必死になって皮脂を分泌してお肌に油分を補給します。

 

しかし、過保護なスキンケアが「洗顔」だけにとどまらず、油分補給にまで及ぶ人もいるのです。

 

洗顔で皮脂を完全に洗い流した後、すぐに高価な化粧水と乳液を肌表面にかぶせます。

 

そして、さらに高価なクリームをのせることで、「完全な保護」をしてしまうのです。

 

完全な保護をされた皮膚は、皮脂を出すこともできなくなってしまうかもしれません。

 

皮脂は、天然の乳液でありクリームなのです。

 

洗顔後は、皮脂の分泌を促すためにも過保護な油分補給は控えたほうがいいでしょう。

 

正しい油分補給は、洗顔後に十分な化粧水を含ませ、うっすらと乳液を塗ることです。

 

高価なクリームは、使えば使うほど効果がありそうな気がしますが、使い過ぎは過保護スキンケアになります。

 

クリームは、使う場所とタイミングをきちんと守り、適量を使うことが大切です。

 

ブラシでこすってマッサージもやってる人は「超刺激的」な過保護スキンケア

スキンケアに興味がある人は、スキンケアグッズをたくさん持っているものです。

 

中でも、肌マッサージ用にブラシを使っている人は、使い過ぎに注意しましょう。

 

自宅で時間があれば、常にブラシでお肌をマッサージしている人は過保護スキンケアの可能性があります。

 

お肌は、基本的に「刺激」が嫌いです。

 

それにもかかわらず、ブラシで常に刺激を与え続けていることは「超刺激的」で刺激を通り越し、ダメージを与えていることになります。

 

とくに年齢を重ねたお肌は、刺激に敏感です。

 

ブラシでお肌をこすり続けることで、毛穴の中の角質が引っ張り出され、毛穴が目立ってしまうことがあります。

 

正しいスキンケアは、できるだけお肌に刺激を与えないようにすることなのです。

 

洗顔をするときには、指先でこすり洗うのではなく、泡でお肌をなでるように洗うことで刺激をおさえることができます。

 

正しいスキンケアは「可愛い子には旅をさせよ」が正解!

お肌を大切にする人は、つい手をかけすぎる傾向があります。

 

スキンケアは、子育てと似ています。

 

手をかけすぎてしまうと、何もできない人になってしまうのと同じように、お肌も手をかけすぎてしまうと自分の正常な状態をキープすることすらできないお肌になってしまうのです。

 

正しいスキンケアとは、必要なことはやり、それ以上のことはやらないことなのです。

 

言い換えれば「可愛い子には旅をさせよスキンケア」が正解なのです。

 

正常な状態のお肌は、皮脂を分泌することで乾燥からお肌を守ります。

 

皮脂が出る前に「乾燥しちゃうから」といって、クリームをべったり塗られては「皮脂分泌」ができないお肌になってしまうのです。

 

正常な皮脂分泌を促すためには、高級なクリームをかさねるのではなく、しっかりと睡眠をとることが大切なのです。

 

お肌のゴールデンタイムといわれている夜10時から夜中2時までにしっかりと眠ることができれば、もしかしたら高価なクリームをかさねるよりも効果が期待できるかもしれません。

 

「しっかりスキンケアしてるのに肌状態が良くない」と思っている人は、過保護スキンケアをしている可能性が高いのかもしれません。

 

お肌は、自分の力で「きれいを作る」ことができるのです。

 

正しいスキンケアとは、「お肌をきれいにすること」ではなく、お肌自身が持っている「きれいを作る力」を出しやすくするために、補助してあげることなのではないでしょうか。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら

 

 

こちらの記事もよく読まれています。