困った時こそ。肌トラブルの代表!「毛穴が気になる」ときこそSK2でクレンジングケア

(((約 8 分で読める記事です)))

肌トラブルの代表ともいえるものが「毛穴の目立ち」ではないでしょうか。

 

どんなに白くきれいなお肌でも、いくつかの毛穴が目立ってしまうだけで「残念なお肌」になってしまいます。

 

毛穴が目立ってきたときこそ、SK2の出番です。

今回は、毛穴を目立たせる「角栓対策」に使えるSK2のクレンジングにスポットを当てて解説します。

 

「毛穴の目立ち」は角栓が原因

丁寧なスキンケアをしていても、毛穴が目立ってくることがあります。

 

毛穴は、皮脂や汗を分泌する役割がありますが、古い角栓で毛穴がふさがれてしまうと、皮脂の分泌ができなくなってしまうのです。

 

そこで毛穴は、皮脂が分泌できる「すき間」を作ろうと大きくなるのです。

 

大きくなった毛穴は、目立ちます。

 

古い角栓を放置しておけば、角栓は黒ずみ始めて、さらに目立ってしまうでしょう。

 

目立ってしまった毛穴を隠そうと、ファンデーションやコンシーラーで毛穴を埋めてしまえば、さらに毛穴は詰まってしまい、悪循環を招きかねないのです。

 

毛穴ケアは、目立つ前のスキンケアがポイントです。

 

毛穴に古い角質が残らないように、毎日しっかりと洗い流すことが大切なのです。

 

角栓の黒ずみが目立ってくると、市販の鼻パックで角栓を引っこ抜いてしまう人も多いでしょう。

 

鼻パックを使えば、角栓を取り除くことはできます。

 

しかし、抜かれたあとには大きく広がった毛穴が残されているのです。

 

大きな毛穴をそのままにしておけば、その後のメイクで使ったファンデーションが「穴埋め剤」のように毛穴に詰まることになってしまいます。

 

鼻パックで角栓を取り除いたあとは、お肌をしっかりと冷やして毛穴をひきしめましょう。

 

毛穴ケアを上手に行うコツは、毛穴の状態をイメージすることです。

 

角栓が詰まった状態や角栓が抜かれた直後の状態をビジュアルでイメージすることができれば、おのずと次に求められる対処がみえてくるのではないでしょうか。

 

SK2の「フェイシャルトリートメントクレンザー」のきめ細かな泡でしっかり「落とす」

毛穴の汚れの原因は、皮脂や汚れです。

 

ノーメイクで過ごした一日でも、一日の終わりの毛穴には皮脂汚れがあります。

 

毛穴の汚れを取り除いたら、冷たい水で開いた毛穴を引き締めることが大切です。

 

SK2からも「フェイシャルトリートメントクレンザー」という名前で洗顔料が発売されています。

 

フェイシャルトリートメントクレンザーは、濡れた手でも使える洗顔料のため、お風呂で広がった毛穴をしっかりと洗うことができます。

 

また、SK2のフェイシャルトリートメントクレンザーは、きめ細かい泡が特徴です。

 

しばしば「正しい洗顔は手で強くこすらず、泡でこすりなさい」といわれます。

 

しかし、泡でこすれるほど豊かに泡立つ洗顔料はなかなかありません。

 

手のひらでは豊かに泡立ったとしても、顔にのせたときには泡はしぼんでいることが多いのです。

 

しかし、SK2のフェイシャルトリートメントクレンザーの泡は、豊かな泡立ちでありながら「強さ」があるため、しっかりと泡で顔を洗うことができるでしょう。

 

もちろん、洗顔料にもSK2の商品にはピテラ「ガラクトミセス培養液」が含まれています。

 

洗顔直後にありがちな「ツッパリ感」を感じずに、化粧水と乳液のお手入れに進むことができます。

 

毛穴のしつこい汚れや皮脂が過剰に分泌されるようなら「フェイシャルトリートメントクレンジングオイル」

しっかりメイクをする人や、とくに毛穴の汚れが気になる人にはSK2のフェイシャルトリートメントクレンジングオイルでオイルクレンジングをしてみてはいかがでしょうか。

 

オイルクレンジングというと、皮脂を過剰に洗い流してしまい「乾燥の原因になる」と思っている人が多いでしょう。

 

しかし、SK2のクレンジングオイルには、ピテラ「ガラクトミセス培養液」が含まれています。

 

オイルによる洗いすぎを感じずに、しっとりとした仕上がりを感じることができるでしょう。

 

また、オイルクレンジングの「油臭さ」が苦手という人も多いのではないでしょうか。

 

SK2のクレンジングオイルは、油臭さを感じにくいという意見も多いのです。

 

むしろ「バラのような香り」と感じる人も多く、一日の終わりを「いい香り」に包まれながらお肌をリセットすることができます。

 

SK2のフェイシャルトリートメントクレンジングオイルは、濡れた手で使ってしまうと、油と水が乳化してしまい効果が落ちてしまいます。

 

乾いたお肌にオイルをつけて、マッサージするようにお肌になじませます。

 

くるくるとオイルを滑らせていると、「ざらつき」を感じるはずです。

 

「ざらつき」の正体は、毛穴に詰まっていた汚れ(角栓)です。

 

毛穴に詰まった汚れ(角栓)を「ざらつき」として手で実感することができます。

 

「毛穴がきれいになった」という実感は、メイク落しのように目に見えて「落ちた」と感じることは少ないのではないでしょうか。

 

効果が実感できなければ、やりがいを感じることができないため、長続きさせることは難しくなります。

 

SK2のオイルクレンジングならば、汚れ(角栓)落ちを「ざらつき」として感じることができるため、やりがいを感じながら毛穴ケアを続けることができるでしょう。

 

毛穴は「いらないもの」と考えられる傾向があります。

 

しかし、毛穴は皮脂を分泌してお肌を乾燥から守る役割を持っているのです。

 

毛穴を隠そうとすることは、毛穴を詰まらせ、結果的にお肌を悪い状況に導いてしまうことになります。

 

毛穴ケアとは、毛穴を正常な状態にすることで、潤滑に皮脂を分泌する状態を保つことなのでしょう。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら

 

 

こちらの記事もよく読まれています。