思春期なのに乾燥肌?刺激を与えない洗顔方法をご紹介します。

(((約 10 分で読める記事です)))

空気が乾燥してくると、顔までカサついてきますね。

 

ひどい時にはかゆくなったり、赤くなることもある乾燥肌のお悩みは、季節の変化によって多くなります。

ただ、10代から20代前半でもかゆみが出るほどの乾燥肌というと、注意が必要です。

 

思春期からの乾燥肌について、ご一緒に見ていきましょう。

 

思春期から20代前半のお肌

思春期に入ると成長ホルモンが活発になります。

 

この時期は体の変化とともに、お肌も変化の激しい時期です。

 

そして20代前半までで、いったん成長ホルモンは落ち着き、分泌も緩やかに下降していきます。

 

この時期はホルモンの乱れから、男性ホルモンが優位になりがちです。

 

すると皮脂腺を刺激されるので、ニキビが増えたり赤みが出たりと、肌トラブルの多い時期といえます。

 

皮脂の分泌が多くなることはありますが、本来は乾燥することはないはずなのです。

 

しかし実際は、乾燥肌に悩む若い女性がたくさんいます。

 

乾燥肌の原因

本来皮脂分泌が盛んな、思春期から20代前半で乾燥肌に悩むということは、お肌がかなり敏感で刺激に弱い状態になってしまっています。

 

原因はアレルギーや体質的な問題もありますが、洗顔やお肌に合わないメイクをしていることなども考えられます。

 

ファッションに興味を持つ思春期は、色々なメイクを試してみたくなりますよね。

 

しかしお肌についてはあまり興味がなく、メイクをきちんと落とさなかったり、逆に落としすぎてしまったりと、お肌を傷める日々を送る女性も少なくありません。

 

その結果、お肌を保護するための皮脂まで落としてしまい、乾燥が進んでしまうことがあるのです。

 

心当たりのあるあなた、一度洗顔を見直してみませんか?

 

お肌に優しい洗顔方法

乾燥を防ぐためには、お肌が本来持っている保護膜を取り戻さなくてはいけません。

 

この保護膜とは、自然に分泌される皮脂のことです。

 

思春期からは皮脂の分泌が盛んになりますので、本来は保護膜がしっかりしている時期です。

 

そこで皮脂を落としすぎない、お肌に優しい洗顔方法をご紹介します。

 

1 ぬるま湯を使う

顔を洗うときのお湯の温度は、熱すぎるとよくありません。

 

目安は30~32度のぬるま湯です。

 

あまり熱いと必要な皮脂まで流れてしまい、その後の洗顔料まで刺激になります。

 

あくまでぬるま湯で流しましょう。

 

2 しっかり泡立てる

洗顔料はしっかりと固く泡立てます。

 

目安は手の平を下に向けても落ちないくらいの固さです。

 

泡で出てくるタイプの洗顔料もありますが、粒が荒い場合があります。

 

この時は、洗顔料を出した後両手のひらをこすりあわせて、泡の粒を細かくすることをおすすめします。

 

顔にのせても流れないくらい固い泡で洗うことで、しっかりと洗浄することができます。

 

3 オイリーな部分からのせる

泡を作ったら顔にのせますが、この時のせる順番を意識しましょう。

 

最初に顔の中でも一番オイリーな場所にのせます。

 

一般的には小鼻やおでこなどのTゾーンですが、ご自分が気になっている部分からで構いません。

 

次に乾燥が気になる部分にのばしていきます。

 

こうすることで、洗顔料がつく時間を調整できるため、必要な皮脂を残すことができます。

 

○ここでポイント!

泡で洗うときのポイントは「手の平でこすらない」ということです。

 

敏感になっているお肌には、手の平が触れるだけでも刺激になる場合があります。

 

特に洗顔中はお肌が濡れているので、刺激に弱い状態なのです。

 

そこで大切なことは、手の平が極力顔に触れないように洗うことです。

 

究極は手を動かさないで、顔を動かす洗顔方法です。

 

手の中の泡に向かって顔を落とし、そのまま顔を動かして泡をまんべんなくつけます。

 

手を動かすとどうしても力があるので、こすってしまいますが、顔を動かすと力が入りません。

 

敏感なお肌にもやさしく洗うことができるのです。

 

泡が顔全体についたら、気になる部分や小鼻などの細かい部分は、薬指一本を使って洗ってあげましょう。

 

指の中でも力の入りにくい薬指なら、優しく洗うことができます。

 

4 時間をかけて流す

最後は顔についた洗顔料をしっかりと洗い流しましょう。

 

少しでも洗い残しがあると、お肌への刺激になってしまいます。

 

通常は泡がなくなれば洗い終わりと思いますが、その後最低1分はぬるま湯で洗い流してください。

 

特に顔の両側、髪の生え際は残りやすいので、しっかりと流すようにしましょう。

 

○ここでポイント!

洗い流す時のポイントは、やはり「手の平でこすらない」ことです。

 

顔を洗うときには、手の平で掬ったお湯を、顔めがけてパシャッと浴びるように流しましょう。

 

あるいは、洗面器に溜めたきれいなお湯に、顔をつけて振る方法もおすすめです。

 

お湯が泡で濁ったら、2~3回取り換えて、きれいになるまで繰り返します。

 

顔の両脇が残りやすいので、最後は手の平で掬って流すといいですね。

 

手の平を使わないからと言ってシャワーで流すと、水圧が強すぎるのでおすすめできません。

 

5 押さえるだけのタオルドライ

洗顔後にはタオルで拭くと思いますが、この時もお肌に優しくを意識しましょう。

 

タオルでごしごしこすることは厳禁です。

 

広げたタオルを両手に持ったら、顔に優しくのせて、トントンと押さえる程度に水気を拭きましょう。

 

これだけで水分を取ることができます。

 

乾燥してはがれやすいお肌をこすると、角質がさらに傷ついてしまいます。

 

タオルさえも刺激になると意識して、優しく拭き取りましょう。

 

化粧水がしみるときは…

 

洗顔をした後は、乾燥した部分に水分補給をするための化粧水をつけます。

 

敏感肌の女性には、刺激の少ないタイプの化粧水がおすすめです。

 

できればオールインワンタイプよりも、純粋に水分を補給できる化粧水を使うことが一番です。

 

一瓶に様々な成分が入っていると、どの成分が刺激を与えているのかわかりにくくなります。

 

まずは水分をきちんと保持できるようにするために、化粧水をつけ、最後に薄くクリームなどの油分でふたをします。

 

化粧水もしみるという時には、無理してつけることはしないで、ワセリンなどの保護油を薄くつけておきます。

 

はがれやすい角質の上から、皮脂の代わりに保護膜を張ってくれるので、ピリピリとした痛みが落ち着くまではワセリンだけをつけましょう。

 

単に乾燥しているだけと言っても、アレルギーなどが原因の場合には洗顔だけでは治りません。

 

ピリピリする、沁みるなどの痛みがある時には早めに皮膚科を受診して、きちんと治してくださいね。

 

乾燥肌に優しい洗顔方法 まとめ

若い女性の乾燥肌は、意外と多いお悩みです。

 

食生活や体質はすぐに変えることが難しいですが、洗顔方法なら今夜からでも変えることができますよね。

 

できることから改善し、少しでも乾燥肌がおさまれば、またメイクも楽しむことができますよ。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら

 

 

こちらの記事もよく読まれています。