私たちに必要なスキンケアは何?年代別にみる「必要なスキンケア」

(((約 8 分で読める記事です)))

スキンケアは、やればやるだけいいというわけではありません。

 

むしろ、やり過ぎることによって肌トラブルを引きおこしている人がとても多いのです。

 

正しいスキンケアとは、「お肌自身が持っている力だけではたりない部分を補うこと」です。

 

お肌の状態は、年齢によって変化していきます。

変化とともに「たりなくなった部分」を補うことこそ、正しいスキンケアなのです。

 

今回は、年齢別にみるお肌の変化と必要なスキンケアについてお話しします。

 

10代と20代のスキンケア

10代と20代のお肌は、スキンケアを念入りにやっていなくても「悩み」がないかもしれません。

 

しいて言うならば、皮脂分泌が激しいためニキビに悩まされている人もいる程度でしょう。

 

10代のニキビは、吹き出物とは異なります。

 

10代は、まだホルモン状態が落ち着いていないため、ニキビができやすい状態です。

 

25歳以降になり、ホルモン状態が落ち着いてくるときを待つようにしましょう。

 

ニキビができてしまったときは、つぶしたりひっかいたりすると、炎症を起こしニキビ跡になってしまいます。

 

過剰な皮脂を洗い流したら、ニキビの治療をすることが10代のスキンケアでしょう。

 

20代半ばになると、ホルモン状態が落ち着いてくるため、ニキビに悩まされる人は少なくなります。

 

一方、社会人となりストレスやメイクが始まるため、吹き出物に悩まされ始めます。

 

吹き出物の原因は、ニキビとは異なりさまざまな要因が引き金になっている可能性があります。

 

仕事が忙しくなると、外食が増え油ものを摂りすぎているかもしれません。

 

お肌の状態は、食べる物の影響を強く受けます。

 

20代のスキンケアは、スキンケア化粧品に頼るだけでなく、生活習慣を見直すことも大切です。

 

10代と20代は、特別なスキンケア化粧品を使わなくてもトラブルに悩まされない時期です。

 

しかし、10代と20代に浴びた紫外線は30代40代のお肌に影響を与えます。

 

10代20代は、30代以降のお肌を左右する時期と考え、「紫外線対策」を一番に考えるスキンケアをするといいでしょう。

 

30代と40代のスキンケア

30代になると、小じわやシミに悩まされ始めます。

 

10代20代で浴びた紫外線の影響が出てくる時期です。

 

小じわやシミが出てきてしまうと「隠す」ことに気持ちが向きがちですが、30代40代に浴びた紫外線は50代以降のお肌に影響を与えることになります。

 

「若いときに浴びちゃったから仕方がない」とあきらめるのではなく、その後のお肌のためにも紫外線対策はスキンケアの基本として継続するようにしましょう。

 

30代以降になると、日頃のスキンケアの影響がお肌にあらわれているはずです。

 

乾燥肌の人は洗いすぎかもしれません。

 

また、お肌は何もしなくても古い角質が落とされて、新しいお肌が生まれてくるサイクルをもっています。

 

20代までは、このサイクルがとてもよく回っているため、特別なケアをしなくてもお肌の状態はいいことが多いのです。

 

しかし、30代後半になると古い角質が落ちずに、残ってしまうようになります。

 

お肌に残された古い角質は、くすみとなってしまうのです。

 

サイクルがうまく回らなくなったときには、古い角質を洗い流してあげる手助けが必要でしょう。

 

しっかりと洗い流した後は、化粧水で補水し乳液で膜を作り、蒸発を防ぎます。

 

30代と40代に求められるスキンケアは、肌状態によって変わってきます。

 

自分の肌状態を知り、行ってきたスキンケアが正しいのかを見極めることが大切です。

 

50代以降のスキンケア

50代以降のお肌は、乾燥としわに悩まされることが多いようです。

 

乾燥としわは、体の外側からのスキンケアだけでは補うことができません。

 

20代30代のときは、「のどが渇いた」という感覚が強いため、飲み物を口にする習慣を持っている人が多いようです。

 

しかし、50代以降になると飲み物を口にする人が急激に減ります。

 

水分の不足は、お肌に悪い影響を与えます。

 

果物や野菜からビタミンを摂り、水分を意識して飲むことで、体の中から美肌を作ることができるでしょう。

 

また、お肌が生まれ変わるサイクルは30代40代でも変化がみられますが、40代後半になると古い角質がさらに落ちにくくなってくる傾向があります。

 

40代後半からは、古い角質を落すスキンケアを取り入れてみてもいいかもしれません。

 

古い角質を落すスキンケアは、2段階で行うと効率的です。

 

最初は、角質をやわらかくします。

 

化粧水や美容液をコットンに含ませてパックしておくだけで、角質はやわらかくなります。

 

そして、月に一度はスペシャルケアとしてスクラブを使った角質ケアをしてみるといいでしょう。

 

50代以降になると、乾燥が気になるため化粧水や乳液にこだわる人が増えます。

 

どんなにいい化粧水を使ったとしても、厚い角質がお肌に残っていれば、化粧水は浸み込むことができません。

 

化粧水も効果を高めるためにも、スクラブを使って古い角質をとることが大切なのです。

 

スクラブは、洗顔料に混ぜて使用すれば簡単に使うことができます。

 

お肌は年齢に応じて変化します。

 

自分のお肌が何を求めているのかをしっかりと理解することが、正しいスキンケアの第一歩です。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら