保湿クリームと乳液は両方必要?ハンドクリームは代用できる?保湿の正しい方法とは

(((約 7 分で読める記事です)))

乾燥の季節がやってくると、空気だけでなくお肌も乾燥します。

 

若いころは自然に出てくる皮脂だけで十分保湿ケアができていても、歳を重ねてきたらスキンケアで保湿ケアをしなければなりません。

今回は、保湿ケア化粧品の代表である「保湿クリーム」と「乳液」についてお話しします。

 

保湿クリームと乳液の役割とは

お肌の保湿をするスキンケア化粧品といえば、乳液と保湿クリームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 

化粧水でしっかりと補水したあとは、乳液と保湿クリームで保湿をします。

 

しかし実は、乳液と保湿クリームはとても似ているのです。

 

乳液と保湿クリームの違いは、含まれている油分の量です。

 

乳液よりも保湿クリームの方が油分が多いため、べトッとした質感になります。

 

そのため、エイジングケアを気にしない人は、乳液の方が使いやすいと感じるかもしれません。

 

乳液も保湿クリームも役割は同じです。

 

化粧水で補水した水分を逃がさないようにするために、油分でパックすることが目的であり役割になります。

 

ただ、大きな違いは「持ち時間」かもしれません。

 

乳液は、保湿クリームよりも油分が少ないためサラッと使うことができますが、その分貼りつき感が少ないため、持ち時間は保湿クリームよりも短くなる傾向があります。

 

保湿クリームを使って、しっかりと油分のパックを作りたい人は、多少べたつき感が気になっても我慢して保湿クリームを使い続けているようです。

 

しかし、毎日使うものだからこそストレスを感じずに使い続けたほうがいいでしょう。

 

保湿クリームも乳液も日々進化を遂げています。

 

また保湿クリームと一言でいっても、含まれている油分量にはメーカーによって幅があります。

 

自分が心地よく感じる油分量のクリームを探してみるといいかもしれません。

 

保湿クリームと乳液のポイントは「使い分け」

保湿クリームと乳液の目的も役割も同じならば、どちらか一つを使えばいいと思うかもしれません。

 

たしかに、目的も役割も同じであるため、乳液と保湿クリームを重ねて使う必要はないでしょう。

 

乳液と保湿クリームは、目的と役割は同じでも、質感が違います。

 

質感の違いを上手に利用することで、心地よく保湿ケアをすることができるのです。

 

朝の保湿ケアには、乳液が適しています。

 

なぜならば、朝はスキンケアをした後にメイクをします。

 

保湿クリームをしっかりと塗った上からファンデーションをのせてしまうと、大量のファンデーションがお肌にはりつくことなるでしょう。

 

ファンデーションは、できるだけ薄くお肌になじませた方がきれいに長持ちさせることができます。

 

つまり、朝はできるだけ軽く保湿ケアをするためにも乳液を使った保湿ケアが適しているのです。

 

一方、夜は保湿クリームでしっかりと保湿をするほうが適しています。

 

夜は、布団との摩擦もあり無意識のうちにお肌はダメージを受けてしまいます。

 

また、夜はメイクをせず素肌でお肌を休ませることができる貴重な時間です。

 

夜は、ちょっと贅沢な保湿クリームでしっかりとスキンケアをしましょう。

 

ハンドクリームが顔に適さない理由

乾燥の季節になると、顔だけでなく手や指先の乾燥も気になります。

 

水仕事のたびに、ハンドクリームを素早く塗っている人も多いのではないでしょうか。

 

忙しい日々が続くと、つい「ハンドクリームを塗るついでに顔にも塗っちゃおうかしら」と考えることがあります。

 

しかし、ハンドクリームを顔に塗ることはやめたほうがいいでしょう。

 

顔も手も同じ皮膚であるため、1度や2度ハンドクリームを顔に塗ったからといって、大変なことはおきません。

 

同じ皮膚ですが、顔と手は環境が違います。

 

手は水やお湯に触れる機会が多いため、皮脂が洗い流されやすい箇所です。

 

そのため、ハンドクリームの成分は油分が多く含まれているのです。

 

また、ハンドクリームには角質をやわらかくする尿素が含まれているものが多くあります。

 

尿素を長時間お肌につけ続けると、お肌のバリア力を弱めてしまう可能性があるのです。

 

手は、しばしば洗われるため尿素が長時間付着することはないのかもしれません。

 

しかし、顔は皮膚が薄いため、影響が出やすい傾向があります。

 

ハンドクリームは、体に使うようにしましょう。

 

一方、保湿クリームを塗るついでに手もスキンケアしたくなる人もいるかもしれません。

 

保湿クリームを手に塗ることは、問題ありません。

 

乳液も保湿クリームも使えば使うほど効果が出るものではありません。

 

過剰に使うことで毛穴をふさいでしまう可能性もあります。

 

適材適所に適量を使うことが、上手な保湿ケアのコツでしょう。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら