乾燥する秋冬ニキビの原因は何?効果的なスキンケアを覚えよう

(((約 10 分で読める記事です)))

顔にぽつぽつできるニキビ、気になりますよね。

 

ニキビの原因は皮脂が多いことと思いがちですが、秋冬のニキビはちょっと違います。

汗をかかないのにニキビができるという時には、スキンケアも違う方法にしないと逆効果になることも。

 

秋冬ニキビのスキンケアをご紹介します。

 

秋冬のお肌は

秋から冬になると空気が冷たくなってきますね。

 

それと同時に空気の乾燥も進みます。

 

空気が乾燥するとお肌の水分もなくなってくるので、カサカサすると感じる女性が多くなります。

 

秋冬のお肌は夏と比べて乾燥状態にあります。

 

乾燥したお肌は表皮にある角質が縮んでしまい、隙間ができています。

 

するとますますお肌が乾くだけでなく、隙間から雑菌が入ったり、紫外線がお肌の奥深くまでダメージを与えることがあります。

 

こうしたダメージは真皮層にまで届いてしまう場合があるので、より治りにくくなってしまいます。

 

角質の隙間が空いてダメージを受けたお肌は、雑菌によって炎症が起きやすくなります。

 

お肌が乾燥すると、かゆみを感じることがありますよね?

 

そのかゆみはお肌の炎症のサインです。

 

かゆいからとボリボリかいていると、さらにかゆみが増してしまう上に、手や指の雑菌が皮膚に入り炎症が進んでしまいます。

 

秋冬の乾燥したお肌は、このように炎症しやすい状態にあるのです。

 

秋冬のニキビは

秋冬は通常なら皮脂も落ち着いてくるので、ニキビが減る時期です。

 

しかしこの時期にニキビができるということは、乾燥が関係しています。

 

先ほどのように乾燥して炎症しやすくなったお肌は、角質が固く厚みを増しています。

 

すると毛穴も小さくなってしまいますので、少しの皮脂でも詰まりやすくなるのです。

 

この毛穴につまった皮脂にニキビの元となるアクネ菌がついてしまい、繁殖することによってニキビができていると考えられます。

 

この時皮脂を取り除くケアをしても、すぐによくなることは期待できません。

 

なぜなら小さくなった毛穴には、またすぐに皮脂が詰まってしまうので、ニキビも繰り返してしまうからです。

 

原因が乾燥した皮膚にあるのですから、乾燥をケアすることが正しいニキビケアと言えるのです。

 

秋冬の効果的なニキビケア

では具体的にどんなケアをすれば繰り返さなくなるのでしょうか?

 

それは乾燥を防ぎ、お肌の保護膜をきちんと作ることがポイントになります。

 

乾燥を防ぐ

1 お肌の負担をなくす

乾燥したお肌はダメージにとても弱くなっています。

 

ダメージとは雑菌や紫外線だけではありません。

 

洗顔の時のゴシゴシこする摩擦や、化粧品のケミカルな成分、それに過剰な油分もすべて刺激になります。

 

こうしたすべてをなくすことが、乾燥肌を労わることにつながります。

 

洗顔はしっかりした泡でやさしくなで洗いをしましょう。

 

化粧品を選ぶときには合成添加物や保存料などの入っていない物を選ぶことが大切です。

 

ノンケミカル、ノンオイルでお肌の負担を減らして、健康なお肌へ近づきましょう。

 

2 セラミドを補う

表皮の細胞の間にはセラミドという成分があります。

これは角質の水分を保つ働きをするので、潤いを守るためには欠かせない成分です。

 

しかしセラミドは刺激に負けてしまったり、加齢によって失われてしまいます。

 

そこで保湿の時にセラミドを補うことが大切です。

 

化粧水や美容液に「セラミド配合」の物がありますが、その中でも「ヒト型セラミド」という成分は比較的刺激が少ないと言われています。

 

乾燥したお肌に潤いを与えるために、ヒト型セラミド配合の化粧水を試してみてはいかがでしょうか。

 

3 化粧水

洗顔の後のお肌はもっとも乾きやすい状態にあります。

 

お肌についた水分が乾くときに、お肌の水分も一緒に蒸発してしまうためです。

 

そこですかさず水分を与えてあげましょう。

 

乾燥したお肌には水分を入れる順番も大切です。

 

洗顔してすぐにつけるのは化粧水です。

 

お肌の奥まで浸透するために、とろみのあるものよりもさらっとしたものがおすすめです。

 

またアルコールが入っていると蒸発しやすいので、アルコール無添加の物を選びましょう。

 

化粧水は手の平に出してゆっくりと顔を包み込むようにして、しっかりと浸透させましょう。

 

お風呂上がりの化粧水は最低でも5回入れていきます。

 

保護膜を作る

1 化粧水+クリーム

乾燥してしまったお肌は、保護膜が上手に作れない状態にあります。

 

保護膜とは自然に分泌される皮脂のこと。

 

角質に必要な皮脂があることで、水分の蒸発やダメージから守ってくれるのです。

 

しかしこの皮脂が十分でないと乾燥が進んでしまいます。

 

そこで化粧水をつけた後には、クリームで保護膜を補ってあげましょう。

 

クリームには油分が含まれます。

 

この油分が皮脂の代わりとなって、お肌を保護してくれます。

 

ただし油分が多いと、毛穴に詰まってしまい逆効果です。

 

クリームはごく薄くのばすだけで十分なので、つけすぎないように注意してください。

 

2 美容液のシートパック

乾燥したお肌は水分と共に栄養も失われています。

 

お肌の奥まで栄養を届けるためにも、美容液のシートパックを活用しましょう。

 

お風呂上がりの化粧水でお肌を整えた後に行うのがおすすめです。

 

美容液は特にコラーゲンやヒアルロン酸などが配合している物がおすすめです。

 

中でもナノコラーゲンはより浸透がいいので、乾燥したお肌にも栄養が届くでしょう。

 

週に2~3度シートパックを習慣にすると、乾燥肌対策になりますね。

 

3 適度に油を取る

保護膜を作るには食事でとることも大切です。

 

ダイエットなどで油を控えていると、髪やお肌がパサついてきますね。

 

体に脂が足りないと、お肌にも皮脂が足りなくなり、保護膜が作れないのです。

 

ただし肉の脂は体の中で固まりやすいですし、揚げ物の脂は酸化しやすいのでおすすめできません。

 

おすすめなのはナッツや魚の脂です。

 

またオリーブオイルやココナッツオイルなどの植物性の脂を取ることで、体の中でも溶けやすくお肌にも浸透するでしょう。

 

サラダのドレッシングや、コーヒーのミルク代わりに入れるなど、オイルの活用法は色々あります。

 

毎日の食事で適度にオイルを取り入れましょう。

 

秋冬ニキビのスキンケア まとめ

今回は秋冬にできるニキビのスキンケアについてご一緒に見てきました。

 

汗をかく夏にできるニキビとは、原因が違うとわかりましたね。

 

乾燥が原因のニキビは、スキンケアも別の方法をとらなくてはいけません。

 

いつものスキンケアをちょっと見直して、ニキビをきれいにしていきましょう。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら