ローズリップ美容液のレビュー

(((約 4 分で読める記事です)))

今回は、食べられるバラを使ったというローズリップ美容液のレビューです。

ローズリップ美容液

国内で、自社で栽培の、ビニールハウスで土を使用しないで栽培した農薬不使用の食べられる食用のバラを使っているということなんですね。

バラの品種も「24(トゥエンティフォー)」という、コスメのために誕生した唯一のバラということなんです。約15万枚の花弁から1ccほどしか抽出されないローズエキス、ローズ水を贅沢に配合、ということでとてもエレガントな素材を使用しているリップ美容液です。

ローズリップ美容液

では使ってみます。

まず、小さなパンフレットが一緒についてきましたので開いてみます。

うっすらとしたピンク色のグラデーションのあるバラ「24(トゥエンティフォー)」について書かれています。一般的なバラよりビタミンAが10倍、ビタミンCが2倍も含まれているそうで、いずれも美容に良い成分ですよね。

バラの成分以外にも、

  • うるおいをため込み持続させる保湿成分のヒアルロン酸Na
  • 肌をやわらかくしうるおいを保持するハチミツ

が含まれていると書かれています。

本体の箱の全成分の表示です。小さな箱にたくさんの成分が書かれています。小さなパンフレットに書かれていましたが天然由来成分が100%とのことです。

本体を箱から出します。無色透明でしっかりとしたトロミがありそうな液体です。

本体のふたを開けます。ふたについているこのチップの部分につけて唇にぬります。香りはほぼありません。ほんのすこしほのかに香るかな?というくらいです。テクスチャはしっかりしたトロミがあって、唇にぬるのにちょうどいいです。ぬっていて垂れてくるということはまったくありません。刺激も全く感じませんでした。しっかりとしたトロミでぬりやすくて、ぬるとちょうど唇の表面を保護してくれる膜ができたようで、保湿してくれそうと思いました。これから冬に向けて乾燥してくる季節なのでちょうどいいです。

ぬると照りがでて、色はないのですがつややかでちょっと魅惑的な唇が出来上がりました。素材が特別に開発され特別に栽培されたバラですし、そういうことをわかって使っていると、すごく自己肯定感が高まるリップと感じました。

自己肯定感。さらには自分の気持ちを高めてくれる、特別なバラを使ったエレガントなリップ。いちにちをハイで楽しい気持ちで過ごせそうな予感のするリップと思いました。

ぬるとつややかでとてもきれいな唇になるので、ウィズコロナ時代でマスクをしなくてはなのがもったいないかも。そんなことも思ってしまいました。

公式サイトにも詳しい情報が書かれていますので、最後にリンクを置いておきますぜひご覧ください。

ローズリップ美容液公式サイト