ニキビの出来にくいスキンケアをする方法

(((約 6 分で読める記事です)))

お肌の悩みの1つであるニキビを出来にくくするスキンケアの方法についてお伝えします。

ニキビは洗い過ぎることが原因であり、お肌を清潔に保とうとして何度も洗顔をすると余計にニキビが出来てしまいます。

 

洗顔は1日に2回までにしましょう。

 

ニキビには2種類ある。

ニキビが出来やすくて悩む人は多いでしょう。

 

ニキビには大きく分けて2つの種類があり、ニキビの出来方に特徴があります。

 

それは、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」です。思春期ニキビは、大人へと成長していく過程でホルモンバランスが崩れてしまい、その影響で皮脂分泌が盛んになることで出来てしまいます。

 

皮脂分泌が盛んになると、余分な皮脂が毛穴に詰まってしまい、そこから汚れなどが入り込んでニキビになってしまうものです。

 

思春期を過ぎるとニキビが治る人が多いです。

 

大人ニキビは、ストレスや皮脂が足りない乾燥肌によって引き起こされるニキビです。

 

思春期ニキビとは違って、ストレスや乾燥肌により自然に完治することは少ないです。

 

何度も繰り返しニキビが出来てしまい、なかなか治りにくい特徴があります。

 

顎周辺に出来ることが多いです。

 

ニキビは潰さない方が良い。

ニキビが出来てしまうと、ニキビの膿を出そうとして潰してしまう人がいます。

 

しかし、これは間違った方法です。

 

確かにニキビに溜まった膿を潰して出すと、ニキビは早く治ります。

 

しかし、潰してしまうと色素沈着が起きてニキビ跡になってしまいます。

 

また、指からばい菌が入り込んで余計に悪化してしまうことがあります。

 

ニキビは潰さないようにして、自然に腫れが収まるのを待つようにしてください。

 

ニキビのスキンケアについて。

ニキビを出来にくいお肌にするためのスキンケアをご紹介します。

 

まず洗顔です。

 

ニキビは毛穴の汚れからニキビになることがあります。

 

しかし、だからと言って洗い過ぎは良くありません。

 

洗顔をたくさんすることで、お肌に必要な皮脂が失われてしまいます。

 

こうなると、お肌はお肌を守ろうとして皮脂を活発に分泌させます。

 

この余分な皮脂によって毛穴が詰まってしまい、ニキビが出来てしまうのです。

 

洗顔は1日2回までにしましょう。

 

ニキビは乾燥肌が原因でなることがあります。

 

お肌をしっかりと保湿する必要があります。

 

大事なのは水分をお肌にキープ出来るかどうかです。水分が足りていないと、お肌のバリア機能が低下してしまい、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

保湿をしっかりとするようにしましょう。

 

保湿のために美容オイルを使う人がいますが、オイルはお肌の保護をすることは出来ても水分をキープすることは出来ません。

 

美容オイルを保湿のためにたくさん使うと、毛穴に詰まってしまったり、美容オイルが酸化してニキビが出来やすくなってしまいます。

 

使うとしても、1回で1~2滴までにしておきましょう。

 

ニキビが悪化してしまったとき。

ニキビが悪化して腫れあがっているときは、皮膚科で診てもらいましょう。

 

たかがニキビと思うかもしれませんが、放置してしまうとニキビが慢性化してしまいます。

 

素早く治すためにも、皮膚の専門家である皮膚科を受診してください。

 

たまに医療機関から貰った軟膏をスキンケア代わりに使う人がいます。

 

しかし、これは間違いです。

 

医薬品は強い効果がありますので、使い続けると健康なお肌を傷つけてしまうことがあります。

 

スキンケア感覚で毎日使うのは止めましょう。ニキビが完治したらただちに使用中止してください。

 

ニキビの出来にくいスキンケアをする方法のまとめ

ニキビには2種類あり、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」があります。

 

それぞれ原因が違いますので、それに合わせた対処をする必要があります。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら

 

 

こちらの記事もよく読まれています。