クレンジングと洗顔の違い、実は知りませんでした!刺激にならない落とし方を身につけよう

(((約 8 分で読める記事です)))

毎朝メイクをして出かけることは、女性にとって気持ちが上がりますよね。

逆に家に帰ってメイクを落とす時には、気持ちがリラックスするのではないでしょうか。

 

そんなメイク落としですが、洗顔との違いを理解している方は少ないようです。

 

毎日クレンジングでメイクを落としますが、その後の洗顔はなぜ必要なのでしょうか。

 

教えてもらう機会はなかなかありませんが、この違い、実はお肌にとって大切なことなのです。

 

今回はクレンジングと洗顔の違いをご一緒に確認してみましょう。

 

クレンジングの役割

クレンジング料の役割を見る前に、毎日しているメイクについて見てみましょう。

 

メイクとは主に下地とファンデーション、ポイントメイクのことを指します。

 

基礎化粧品をのぞくコスメのことですね。

 

顔色を調整したり、シミなどを目立たなくさせるためのメイクは、お肌に密着するために油分を多く含みます。

 

汗で流れないように、また夕方になっても崩れないように油性の基剤を主成分として作られています。

 

そのおかげで女性は何時になっても美しさを保てるわけですが、密着するので毛穴に詰まりやすくなります。

 

極々細かい粒子でできたファンデーションが毛穴に詰まると、炎症や雑菌が繁殖する原因となります。

 

このメイクをきれいに落とすことができるのが、クレンジングです。

 

クレンジング料に含まれる成分がメイクの油分を溶かして浮かびあがらせるので、毛穴の奥に入りこんだ油分もきれいにすることができるのです。

 

油分が溶けやすいように乳化させる力があるのがクレンジングの特徴で、メイクとなじませることで汚れを落とします。

 

クレンジングの役割は、メイクの油分を落とすことと覚えましょう。

 

洗顔料の役割

毎日顔を洗うときに使う洗顔料、こちらはメイクをしていない素顔の汚れを洗うためのものです。

 

素顔についた汚れとは、皮脂や垢、古くなった角質などです。

 

他にもお肌に残った汗や、風で舞ったホコリなどを洗い落とします。

 

こうした汚れの特徴は水性であることです。

 

お肌についてはいますが、密着するほどの汚れではありません。

 

極端に言えば水やお湯で落ちてしまう場合もあるくらい、簡単に落ちるものです。

 

ただし汗の塩分や排気ガスを含むホコリなどはお肌への刺激になるため、きちんと落とすために洗顔料を使います。

 

洗顔料の役割は、お湯では落ちない水性の汚れを落とすことと覚えましょう。

 

ダブル洗顔は必要?

ダブル洗顔とは、クレンジングでメイクを落とした後に、洗顔料で素顔を洗うことを指します。

 

クレンジングでさっぱりすると洗顔までするのは面倒と感じる方も多いと思いますが、先ほどのように役割が違うために、このダブル洗顔が必要なのです。

 

クレンジングでメイクの油分を落とすと、表面的にはきれいに感じます。

 

しかし毛穴に入りこんだ油分は落ちても、古い角質が残ってしまうとくすみの原因になります。

 

素顔に残る汚れをきれいに取り除く意味でも、ダブル洗顔が大切なのです。

 

ダブル洗顔が刺激になったら

ただし、2回洗うことでお肌への負担となることは確かです。

 

敏感肌の方や、年齢と共にお肌が弱くなってきたという方は、ダブル洗顔では刺激が強すぎることが考えられます。

 

ダブル洗顔は必ずしないといけないわけではありません。

 

メイクや汚れに合わせた落とし方を覚えることで、お肌への刺激を減らすことができます。

 

刺激が強い場合には2回洗わなくても済むように、次の方法を選びましょう。

 

クレンジングと洗顔料が一つになった物を使う

クレンジング料の中には「ダブル洗顔不要」と書いてある物があります。

 

こちらはクレンジングと洗顔料の両方の役割を果たしてくれる商品です。

 

1本で素顔まできれいにしてくれるので、2回洗う必要がありません。

 

ダブル洗顔不要の商品の中には泡立てて洗うものがあり、泡のクッションがあるのでお肌への刺激が少なくなります。

 

オイルフリーのメイクをする

クレンジング料は油分を溶かす力が強いために、お肌を保護している皮脂まで取り除いてしまうことがあります。

 

皮脂が失われるとお肌が乾燥したり、刺激に負けてピリピリしたりと、敏感になってしまいます。

 

お肌に合わないクレンジングを使わないためには、最初から油分の多いメイクをしないという方法があります。

 

下地やファンデーションをオイルフリーの商品にすれば、クレンジングを使う必要がなくなります。

 

オイルフリーのメイクは、洗顔料だけで落ちるものが多いので、お肌への負担が軽くなります。

 

しっかりメイクの日だけクレンジングを使う

しっかりメイクをするのは特別な日だけ、という方はクレンジングを毎日使う必要はありません。

 

ノーファンデで過ごす日には洗顔料だけで十分に汚れが落ちます。

 

例えばノーファンデで眉とリップだけつけるなど、軽いメイクの場合、ポイントメイクだけは油分が残りやすいので、リムーバーを使って部分的に落としましょう。

 

その後洗顔料で洗えば、顔全体の汚れは十分にきれいになります。

 

その日のメイクによって、洗顔方法を変えることがお肌への刺激を減らすことにつながります。

 

クレンジングと洗顔の違い まとめ

実は知らなかったクレンジングと洗顔の違い、お分かりいただけましたか?

 

油分を落とすクレンジングと、水性の汚れを落とす洗顔料、どちらも大切な役割をしているのですね。

 

毎日メイクを楽しんだ後にきちんと落としてこそ、素顔をきれいに保つことができます。

 

そのためにもお肌やメイクにあった落とし方を覚えておきたいですね。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら