クレンジング(化粧落とし)とは?スキンケアを考えたおすすめのクレンジングの方法。BBクリームのときはどうする?

(((約 5 分で読める記事です)))

そもそもクレンジングってなに?

メイクを落とすための化粧品を「クレンジング」といいます。「化粧落とし」とも呼ばれます。
自宅に帰ってきて、化粧下地やBBクリーム、CCクリーム、ファンデーションなどを落とすときに使う化粧品ですね。

 

このページでは、クレンジングの基礎的な知識、お肌への負担を最小限にする私のおすすめのクレンジングの方法を説明します。また、BBクリーム、CCクリームをつけているときのクレンジングについても説明します。

クレンジングはメイクを落とすときに必要なものですがお肌への負担が大きいので、よく読んで注意して使ってくださいね。

 

クレンジングはお肌に大きな負担をかけます

お肌に大きな負担
メイクはお肌を美しく見せることだけでなく、落ちにくいことも求められますので、多くのメイク化粧品は落ちにくくするために油性の基剤を使って顔料などをお肌の表面に密着させています。

ですので水では落としきれないようにできていて、普通の洗顔料や石けんでは落としきれません。メイクの油分を溶かして落とすためには洗顔料や石けんではなくクレンジングを使います。

油分は油分で落とす、というわけです。

これは油汚れの食器がオイル洗剤できれいになるのと同じ原理です。

これに対してお肌のほうですが、
お肌はからだの外から雑菌などが入り込んでこないようにバリアを張っています。このバリアは皮脂(リン脂質)でできています。皮脂は層状になっていてその全体の厚さはサランラップの厚さほどの薄いものですが、この皮脂の層が、お肌から水分が失われていくのを防いでうるおいを失わないための大切なバリアにもなっています。

ですので、皮脂の層がそこなわれるとお肌は水分を失いうるおいを失ってしまうことになります。こうなると乾燥肌になり、化粧水で水分を与えてもお肌はなかなかうるおいを保つことができなくなってしまいます。

クレンジングはこの大切な皮脂のバリアをメイクと一緒に落としてしまいます。
そしてお肌は乾燥しやすくなり、抵抗力が低下して様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

さらに、クレンジングの原料ですが、
クレンジングは鉱物油(ワセリン、パラフィンほか)でできています。鉱物油は石油を精製して作ります。

化粧水を選ぶときにお肌に優しいものを選んでいる人は多いと思います。なかでも、鉱物油フリーな(パラフィンフリーなど)製品は多くあります。

ですが、そもそもクレンジングは鉱物油でできているものです。

そして、メイクは洗顔料や石けんでは落ちませんからクレンジングで落とさなければなりません。

ということは、せっかく鉱物油フリーな化粧水を選んで使っていたとしても、メイクを落とすために鉱物油(クレンジング)を使わなければならないのです。

お肌にどれだけ負担をかけないようにクレンジングするかがとても重要

これまで説明してきましたようにクレンジングが皮脂のバリアーを落としてしまいお肌に大きな負担をかけるという事実は、クレンジングを使う私たち女性全員に共通の事実です。

お肌にはよくないのにも関わらずメイクを落とすために使わなければならないことを指して、クレンジングは「必要悪」なのであると言う皮膚科医のアドバイザーもいるほどです。

お肌にどれだけ負担をかけない方法でクレンジングするかがとても重要、というわけです。

次では、クレンジングの種類を説明して、続いて、お肌への負担を最小限にする私のおすすめのクレンジングの方法を説明します。

ちなみにオススメしておきたいクレンジングです。
↓↓↓
ほとんど美容成分でできているクレンジングです。先着1000名限定ですがいまですとまだお得に買うことができます。