オールインワンゲルを使い始めて感じる「ちょっとした疑問」に答えます!

(((約 9 分で読める記事です)))

オールインワンゲルは、手軽で簡単にスキンケアができるため、とくにメイクに時間がかけられない人やメイクは好きだけどスキンケアは苦手な人から、支持を集めています。

 

オールインワンゲルの優れた点は、「1本で簡単にスキンケアができること」ですが、使い方によってはオールインワンゲルの「いい面」を生かすことができていない可能性もあるのです。

 

また、1本でスキンケアを完了できることから「成分についてのさまざまなウワサ」も耳にすることがあります。

 

今回は、オールインワンゲルの成分にまつわるウワサから正しいつけ方、クレンジングの方法まで詳しく解説します。

 

「オールインワンゲルに含まれている合成ポリマーはクレンジングしないと落ちない」は本当か

オールインワンゲルの中には、合成ポリマーが使われているものが多くあります。

 

合成ポリマーは、水分を吸収するものでジェル状の質感を作り出すもとになっています。

 

しばしば、「合成ポリマーが含まれているオールインワンゲルはクレンジングでしっかりと洗わないと落とすことができない」という声を聞くことがあります。

 

一方で、合成ポリマーが入っているオールインワンゲルなのに「クレンジング不要」と書いてある商品もあるのです。

 

合成ポリマーは、たくさんの種類があります。

 

市販のクレンジングでは落とせず、専用クレンジングを使わなければ落とせない商品もあれば、無添加石鹸でも簡単に洗い流せる商品もあるのです。

 

合成ポリマーと一言で言っても、水に溶ける水溶性の合成ポリマーは石鹸で洗い流せます。

 

一方、強い日焼け止めクリームなどに使われている合成ポリマーは、水溶性ではないため専用のクレンジング剤で洗い流す必要があるのです。

 

使われている合成ポリマーは、オールインワンゲルによって異なります。

 

自分が使っているオールインワンゲルは、クレンジングが必要なのか、石鹸で洗い流せるものなのかを確認し、商品に合った落とし方をすることが大切です。

 

オールインワンゲルのクレンジング方法

オールインワンゲルはスキンケア化粧品のため、特別な表示がなければクレンジングの必要は必要ありません。

 

化粧下地効果のあるオールインワンゲルであっても、「色つき」出ない限りクレンジングではなく、洗顔料による洗顔で落とすことができるでしょう。

 

「色つきのオールインワンゲル」は、化粧下地だけでなくファンデーションの役割も果たしていることになります。

 

そのため、寝る前にクレンジングを使ってメイク落しをする必要があるのです。

 

また、日焼け止め効果があるオールインワンゲルの場合もクレンジングを使用したほうがいいでしょう。

 

日焼け止め効果を出すためには、汗に強い成分が使われていることがあります。

 

汗に強いということは、水に溶けにくいということになり、洗顔料だけではしっかりと落とすことができないのです。

 

クレンジングをすることで、油性の汚れを落とすことができます。

 

しばしば、「クレンジングの必要がない」と言われると「顔を洗う必要がない」と思う人がいますが、クレンジングと顔を洗うこととは全く違います。

 

クレンジングとは、化粧などの油性の汚れを落とすことをいいます。

 

顔を洗うことは、洗顔ともいい肌表面についた水で落とせる程度の汚れを洗うことをいうのです。

 

オールインワンゲルはクレンジングの必要はありませんが、お肌に長時間同じものがついている状態は衛生的とはいえません。

 

お肌にのせたオールインワンゲルが、一通りの役割を果たした後には、しっかりと汚れと共に洗い流し、新たなオールインワンゲルでスキンケアするようにしましょう。

 

オールインワンゲルの正しいつけ方は、つけたら「待つ」

オールインワンゲルは、1本で化粧水と乳液の役割を果たします。

 

化粧水は補水、乳液には保湿の役割があるため、オールインワンゲルを使っていない人は、化粧水で補水をした後に乳液で油分の膜を作るのです。

 

化粧水と乳液を使っていた人が、オールインワンゲルに変更したとき「オールインワンゲルはお肌に浸透しにくい」と感じることがあります。

 

化粧水は、お肌に水分を速やかに与えるため、水状のさらっとした質感で作られています。

 

そのため、お肌にのせた直後から浸透し始めることができます。

 

しかし、オールインワンゲルの質感はジェル状であるため、水のように速やかに浸透することは難しいのです。

 

オールインワンゲルは、ジェル状のとろみを生かし、お肌の上に長い時間とどまることができます。

 

肌表面にとどまることで、お肌に水分を与えつつ乳液の役割も果たすことができるのです。

 

しかし、肌表面にとどまっている時間が長くなると「お肌に浸み込んでいないのではないか」と思う人がいます。

 

より早く、奥まで浸透させたいという気持ちから、ついお肌の上でオールインワンゲルをこすりつけ始めるのです。

 

オールインワンゲルには、とろみ感と保湿効果を出すためにポリマーが使われていることがあります。

 

肌表面をこすることでポリマーがポロポロと固まり始めてしまい、せっかくお肌にのせたオールインワンゲルが肌表面から落ちてしまうのです。

 

オールインワンゲルの正しいつけ方は、肌表面にのせたら「しばらく待つ」ことです。

 

オールインワンゲルは、肌表面にのせられた直後から徐々にお肌に水分を与え、保湿も始めているのです。

 

オールインワンゲルを使う人は、スキンケアに時間をかけられない人が多いため「待つ」ことが「もったいない時間」と思うのかもしれません。

 

しかし「待つ」ことこそ、より効率よくスキンケアを行う正しい方法なのです。

 

シンプルなオールインワンゲルは、クレンジングが必要ないことが多いでしょう。

 

しかし、大量のオールインワンゲルや化粧品をお肌にのせてしまえば、クレンジングでも洗顔でもなかなかきれいに落とすことは難しくなります。

 

スキンケアがうまくいかない原因は「メイクの落し残し」にあることがとても多いのです。

 

オールインワンゲルも、たくさん使えばお肌がよくなるものではありません。

 

どのようなスキンケア化粧品でも、適量を使い、商品に見合った落とし方でしっかりと落とすことが正しい使い方なのです。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら