ちょい足し裏技!オールインワンゲルに「ちょい足し」して自分だけのオーダーメイドスキンケア

(((約 6 分で読める記事です)))

オールインワンゲルは、1本で潤いも油分も与えてくれる優れものですが、使っていくうちに「もう少し保湿効果が欲しいな」と思ったりする人もいるようです。

 

オールインワンゲルには、保湿効果が高いものや日焼け止め効果が高いものなど、個性があるものも多くありますが、せっかく気に入ったオールインワンゲルをみつけたのに、一つの効果をプラスするためだけに「乗り換える」のは嫌だと思う人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、手持ちのオールインワンゲルに「ちょい足し」するだけで自分だけのスキンケアをする方法を紹介します。

 

「潤いをプラスしたい」と思うなら化粧水をプラス

オールインワンゲルを使っている人の中には、乾燥が気になる人もいます。

 

オールインワンゲルは、1本でスキンケアを行うため、まんべんなくケアすることは得意なのですが、ピンポイントで効果を期待する人は「ちょい足し」することで、満足するスキンケアができるかもしれません。

 

「潤い」をプラスしたいと思う人は、化粧水をプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

スキンケア化粧品の中でも、化粧水は水分を肌に与えるための化粧品です。

 

オールインワンゲルに化粧水をプラスすることで、肌にしっかりと潤いを与えつつ、手軽なスキンケアも手に入れることができます。

 

また、オールインワンゲルは化粧水よりも油分があります。

 

そのため、肌にオールインワンゲルを直接つけるとべたつきが気になることもあるかもしれません。

 

そんなときには、素肌に化粧水で十分に水分を含ませてから、オールインワンゲルをのせるとべたつきが気にならなくなるかもしれません。

 

「保湿効果を高めたい」と思うならクリームや馬油をプラス

乾燥肌の人が、オールインワンゲルを使うと「もっと保湿したい」と思うことが多いようです。

 

そんなときには、油分を数滴プラスだけで感触は変わります。

 

プラスする油分は、少しだけ保湿効果を高めるなら「乳液」がいいでしょう。

 

さらに高い保湿効果を期待するならば、クリームを使ってもいいかもしれません。

 

口の周りや手など、乾燥がとくに気になる部分には「馬油」もおすすめです。

 

馬油は、かなり固さがあるため、使うときには手のひらの中でしっかりと溶かしてから薄く塗るようにします。

 

ただ、油分をプラスするときには重ねる順番に注意が必要です。

 

オールインワンゲルは、化粧水よりは油分がありますが、クリームや馬油よりは油分がありません。

 

そのため、一番最初にクリームや馬油を塗ってしまうと、肌に油分の膜ができてしまい、オールインワンゲルをいくら重ねても肌に入っていくことができないのです。

 

油分をプラスするときには、オールインワンゲルを先に塗り、肌になじんでから油分を重ねるようにしましょう。

 

「ちょい足し」するときの注意点

オールインワンゲルを自分好みに「ちょい足し」するときには、「混ぜていいのか」をチェックするようにしましょう。

 

中には、オールインワンゲルと相性が悪いものもあります。

 

例えば、無添加化粧品が好きな人が無添加のオールインワンゲルにそうでない化粧水を重ねてしまっては、無添加の良さが感じられなくなってしまうかもしれません。

 

「プラスする」ことで、良いところを削り取ってしまう可能性はないかを考えてから「ちょい足し」してみるといいでしょう。

 

また、自分が使っているオールインワンゲルをしっかり把握していないために、余計な「ちょい足し」をしてしまう人もいます。

 

オールインワンゲルの中には、化粧下地の役割も果たせるものがあります。

 

そのことを知らずに、わざわざ化粧下地とオールインワンゲルを混ぜ合わせて使ってしまうこともあるようです。

 

自分が使っているオールインワンゲルは「何ができるのか」を知っておくことが、上手にオールインワンゲルを使いこなすコツになります。

 

自分好みのオールインワンゲルの使い方を考えることは、とても楽しいものです。

 

しかし、化粧品は混ぜることで効果が高まり過ぎたり、効果が薄らいでしまうこともあります。

 

最初から、顔一面に塗って試してみるのではなく、最初は手の甲で感触を試してから「ちょい足し」を楽しんだ方が安心でしょう。

 

 

今回の記事も最後までお読みくださりありがとうございました。




こちらの記事がよく読まれています。
SK2を安く買う方法、SK2と似た成分の化粧水を調べてみた





☆このサイトの管理人に連絡をとりたい場合はこちら